ひげをそる 第13話「私たちが知っていることは?

ひげをそる 第13話「私たちが知っていることは? y0WmupOJ 1 1

原作は、姫サバ原作、boota作画の同名ライトノベル「ヒゲを剃る。振られて、剃って、高校の家出人を引き取った」(「ヒゲヒロ」)は、ラブコメディーのテレビアニメである。20代のサラリーマン・吉田は、ある日、電話ボックスの下に座っている家出中の女子高生・荻原さゆを見つける。彼は、ある日、電話ボックスの下に座り込んでいる家出中の女子高生・荻原さゆを見つけ、彼女を引き取り、彼女の人生の闇の先にある光を理解させる。彼のもとで、さゆは再び幸せになることを学ぶ。このアニメは2021年4月5日に放送された。今回は、そのエピソードについてご紹介します。

第13話「ひげをそる」公開日

未来」と題された「ヒゲをそる」第13話は、2021年6月28日にAT-X、東京MX、BS11で発売されることが決まった。最終回となります。開発はProject No.9(「底辺キャラ友崎」)、プロデューサーはDream Shiftが担当。演出は上北学さん、脚本は三重野瞳さんが担当した。キャラクターデザインは野口孝之さん、音楽は菊屋智樹さんが担当しました。また、DIALOGUE+がオープニングテーマ「おもいでしりとり」を、石原夏織がエンディングテーマ「プラスティック・スマイル」を担当しました。

ひげをそる」シーズン1をオンラインで見るには?

東南アジア以外の視聴者は、日本での放送日にCrunchyrollVRVで「ひげをそる」のエピソードをオリジナルの日本語音声と英語字幕で見ることができます。東南アジアや南アジアの視聴者には、ミューズ・アジアのYouTubeチャンネルといくつかの子会社が、エピソードをサイマル配信することになっています。

ひげをそる」第13話ネタバレあらすじ

第12話では、母の平手打ちを受けたさゆが、唖然とする吉田を見て動揺していた。一茶が「仲間がいる」と指摘すると、さゆの母は初めて吉田を見たようで、すぐにさゆと吉田の関係を問い詰め始める。家の中で話し合っていると、さゆの母親が「さゆを産まなければよかった」と言い出す。そこで吉田は、「自分がさゆの親になれるのなら、そうしたかった。しかし、それができないから、母親がさゆの面倒を見ることになったのだ。そして吉田は、年配の女性に「さゆに必要な母親になってください」と土下座をする。

怒りと恥ずかしさと悔しさでいっぱいのさゆの母は、吉田に帰るよう命じ、吉田はさゆと一緒に外で待っていた。しばらくして一茶が出てきて、さゆが卒業するまで実家に居ていいと明かす。第13話では、吉田は東京に戻るだろう。さゆが卒業するまで、吉田とさゆが会うことはないだろう。

読む  Law School シーズン1のフィナーレに何を期待するか?