ウィリアム王子はチャールズ皇太子よりも王にふさわしいか?

ウィリアム王子はチャールズ皇太子よりも王にふさわしいか?V3NXZWBg 1

ウィリアム王子とケイト・ミドルトンは、ハリー王子、メーガン・マークル、アンドリュー王子が席を立った後、君主制の中でゲームをアップしています。彼らはまた、次の国王と王妃の妃としての将来の役割を準備していますが、多くの人が、父であるチャールズ皇太子よりもケンブリッジ公爵の方がその役割に最も適していると主張しています。

これにより、2人の間で激しい議論が交わされていると報じられていますが、果たしてチャールズ皇太子は王位を明け渡し、ウィリアム王子に譲るのでしょうか?実現には程遠いという見方もありますが、不可能ではありません。

During Real Storiesのドキュメンタリー「チャールズ皇太子とウィリアム王子。Expressによると、ナレーターは、若い王子は父親よりも「印象的で印象的な人物」であると述べています。また、王室関係の作家であるジュディ・ウェイド氏は、3人の父親は母親の「厳格な性格」を持ち、スペンサーのようでさえあると主張しています。

ダイアナ妃が今の長男を見ることができれば、彼の中にスペンサーの血を見ることができるはずだ。彼は欲しいときに欲しいものを手に入れ、たいてい成功するのです。

ウィリアムズ王子は父親と安定した関係を築いていますが、この2人が喧嘩するのは仕方がありません。実際、2011年にケンブリッジ夫妻がカナダに行った際には、チャールズ皇太子が当時の新婚夫婦と少しやりあったと伝えられています。

また、サリー・ベデル・スミス氏の伝記『チャールズ:誤解された王子』では、皇太子が「無味乾燥」な写真をたくさん撮っていたことが明らかになっています。

また、Sally Bedell Smith氏の伝記『Charles: The Misunderted Prince』によると、皇太子は「無味乾燥な」写真撮影を何度も行っていたそうです。

それにしても、ウィリアム王子とハリー王子の公然とした確執に、王位継承者は「絶対に怒り狂っている」とのこと。

これでは、チャールズ皇太子の仕事に影を落としかねないと、ある王室関係者は主張しています。

チャールズ皇太子とウィリアム王子は、君主制の将来について何度も激論を交わしていたと考える専門家がいても不思議ではありません。王室作家で伝記作家のハワード・ホジソン氏は、Geo TVを通じて、チャールズ皇太子は君主制と王室をスリムにすることを切望していたと語っています。

つまり、エリザベス2世、彼、ウィリアム王子、ジョージ王子などだけになるということです。彼は直系の出世が道であると信じていたので、それを計画したのです。

しかし、それにもかかわらず、チャールズ皇太子が退位してウィリアム王子に王位を譲るかもしれないという主張があると、The Sunは伝えています。彼はもう王位に就かず、息子に譲るかもしれません。

伝えられるところによると、チャールズ皇太子は、プレッシャーや困難が伴うため、王になりたくないとのことです。ピアース氏は、後継者計画は彼が11歳か12歳の頃から「会話の一部」だったと付け加えています。

読む  イ・ミンホ、ヨヌのデート。新しい韓流ドラマ界のカップルに?