エアテル社の5Gトライアルネットワークがムンバイで稼動開始

エアテル社の5Gトライアルネットワークがムンバイで稼動開始 Jj1SiQv 1 1

TED Talks Near the Club-携帯電話でバイラル・ディスカッションにアクセスするには?エアテルの5Gネットワークはテスト段階の速度を共有しています。

エアテルの5Gネットワークテストは、月曜日にムンバイのLower Parelエリアでオンサイトで行われました。しかし、通信大手はノキアの5G機器を使用して、市内のフェニックス・ショッピング・センターで5Gネットワークのテストを行いました。

エアテル社のネットワーク全体のスピードテスト動画を見ると、1.2Gbit/sの達成に成功しています。しかし、5Gベンチマークテストでは、極めて低いレイテンシーと約850Mbit/sのダウンロード速度を実現しています。グルガオンのサイバーハブエリアで5Gテストネットワークを実施したところ、エアテルはこれまでの1Gbit/sの速度を上回りました。

エアテル社の5Gネットワーク

ハイデラバードの1800MHz周波数帯の商用ネットワークは、国家安全保障局のネットワーク技術と呼ばれるNSA(Non-standalone)を使用しています。しかし、ETテレコムが最初にこの開発を発表し、コルカタでも同様のテストが間もなく開始されるという情報筋の話を引用しました。1月にエアテルは、5Gリアルタイムサービスのデモンストレーションに成功した最初の通信会社であり、その実績ノートを保持しています。

DoTは、インドの4つの通信サークルでAirtelネットワーク用の周波数を割り当てました。サークルのエリアは、ムンバイ、コルカタ、バンガロール、デリーを含みます。ただし、エアテルは3500MHz、28GHz、700MHzの周波数帯で5Gのテスト用周波数を取得していると指摘しています。

リライアンス・ジオとボーダフォン・イデア(Vi)には、700MHz、3.5GHz、26GHzの周波数帯の周波数が割り当てられている。申請した電気通信サービス事業者は、Airtel、Reliance Jio、Vodafone Idea、MTNLとなっています。

今年、DoTは通信サービス事業者(TSP)に対し、インドにおける5G技術の展開と応用のテストを許可しました。

一方、通信サービス事業者(TSP)は、Ericsson、Nokia、Samsung、CDOTなどの相手先商標製品メーカーや技術提供者と提携しています。

テスト段階での展開

ネットワークのテスト期間は現在6ヶ月で、そのうち2ヶ月は機器の購入とセットアップに使われます。より具体的には、6月のおそらく中旬か下旬に、Jioネットワークはムンバイで独自のハードウェアを使った5Gネットワークテストも実施しました。

アジア諸国の電気通信行政機関(TRAI)は、インドにおける5G周波数のオークションを実施することになっています。しかし、今年初め、データ技術委員会は、特定の用途であれば、5Gがある程度インドに入ってくる可能性があるとしていました。

また、2021年の終わりから2022年に向けて、アジア諸国では最低でもあと5~6年は4Gが続くと予測されています。

読む  インドのApple Musicに「Spatial Audio」が間もなく登場します。