キングダム」第696章の発売日、ネタバレあり。リュウフがライドウを殺した?

キングダム」第696章の発売日、ネタバレあり。リュウフがライドウを殺した?zPqYyDTb 1

カンキがライドウの遺体を発見したことで、元バンディットのリーダーを誰が殺したのかが問題になっている。

「キングダム」第696章では、犯人の一人がまだ生きていると言われており、犯人探しが始まるかもしれません。

崎氏は、ライドウを殺した犯人は誰か?

崎氏は、雷堂の死の背後には誰がいるのかと問われ、様々な推測がなされる中、雷堂を殺した犯人は一人を除いて全員死んだと答えた。さて、「キングダム」第696章では、それが誰なのかが明らかになるのでしょうか?

Epic Dopeは、この啓示が多くの疑問を引き起こしていると指摘しています。誰がRaidoの死に責任があるのか、そしてなぜ、どのようにして彼は生き延びることができるのか?

ライドを殺したのは、リュウハクコウの長男リュウフーだという説があります。それが事実であると証明された場合、「キングダム」第696章で趙の新左翼将軍に何をするのか?

一方、「キングダム」第695章では、関羽の部隊が見事に敵を制圧し、降伏させていた。最終的には小長が首を切った後、戦いは終わっていた。

康 康は、カンキのことが気になり始め、雷堂のような心を持っていたのではないかと考えた。

コウコウは、カンキのことが気になり、ライドウのような心を持っていたのではないかと思い、リンギョクに何が怪しいのかを尋ねた。

そこで康康は、予想もしなかった膨大な数の敵の存在を明かした。

そして、Koukouは、予想外の敵の多さを明らかにし、リンヨクは大問題だと思ったが、KoukouはMoronの行動を叱った。

2人は話し合いをしたが、コウコウはカンキに会いたいと言ってきた。

その後、3人は趙の本部に行ったが、戦いは終わっていた。

別の場所では、HSU本部で瑛九を超えた戦いが行われていた。しかし、彼らはコチョウが殺されたことを知らないようだった。その後、趙は撤退し、モロンはカンキの軍勢が勝利したことを伝えた。

慎はその知らせを信じられず、すべてが嘘だと思った。HSUはここに残って、降伏した趙兵の状況を見守るべきだと確信していた。

ナキは、使者に何があったのか聞いてみた。使いの者は、カンキ、マロン、コウコウは無事だが、他の者については知らないと無礼な返事をした。

さらに、幹部たちは神木の本社に向かったが、神木自身は残っていた。その代わりに、雷堂がいると言われている場所に向かった。

また、コウコウとマロンは雷堂の話をしていたが、雷堂がどこにいるのかはまだわからないようだった。

あるいは、コウコウとマロンの話の中で、雷堂がどこにいるのか、まだわからないようだった。

いずれにしても、林極は、雷堂がすでに死んでいると思わざるを得なかったが、康康はそれを信じようとしなかった。

この後の展開は、10月24日(日)発売の「キングダム」第696章で見ることができます。

読む  カプコン、「バイオハザード ヴィレッジ」のPC版不振の原因はタンパー対策にあると指摘