サムスンは「Galaxy Unpacked 2021」イベントで「Galaxy Z Slide」を発表するかもしれません。

サムスンは「Galaxy Unpacked 2021」イベントで「Galaxy Z Slide」を発表するかもしれません。 Z4LBXizZ 1 1

最新のニュースによると、サムスンは本日開催のイベント「Galaxy Unpacked 2021」で「Samsung Galaxy Z Fold 3」と「Samsung Galaxy Z Flip 3」を発表するようです。このたび、新たな特許により、Samsungが2022年のイベント「Unpacked」で、拡張可能なロール式ディスプレイを搭載した「Galaxy Z Slide」も発表する可能性があることが明らかになりました。

LetsGoDigitalは、韓国のハイテク企業がドイツで新しい特許を申請したと報じました。最近では、ファーウェイがMate X Rollableの特許を取得しました。今回、サムスンも同様のデバイスを開発しているようです。

このモデルは、端末を包み込むようなローリング可能なスクリーンを備え、そのディスプレイは片側からも拡張できます。

この特許の画像を見ると、このデバイスについてある程度理解することができます。正面から見ると、通常のスマートフォンのように見えます。背面の片側には、垂直に積み重ねられた3つのカメラモジュールがあり、もう片側の半分近くをラップアラウンド型の曲面ディスプレイが覆っています。なお、ディスプレイは曲がっていない方の面からも伸びています。これにより、プライマリスクリーンのサイズは約40~50%大きくなっています。

先日特許を取得したHuawei Mate X RollableとSamsung Galaxy Z Slideの大きな違いは、拡張するディスプレイの支持構造にあります。ファーウェイのモデルでは、ディスプレイが曲がらないように様々な磁石を使用していますが、後者では、ディスプレイの張りを維持するために複数の柔軟で伸縮性のあるキャリアフィルムを使用しています。現時点では、Samsungが本当にこのような製品を開発しているのか、それともただ単にベースをカバーしているだけなのか、情報はありません。これまでにも、このような特許が商業的なバージョンに発展しないことは多く見られましたので、今後の動向を見守る必要があります。

読む  今夜の金星と火星の合体を夕空で見るには