スティーブ・ウォズニアック:オープンテクノロジーがなければAppleは存在しなかった

スティーブ・ウォズニアック:オープンテクノロジーがなければAppleは存在しなかった m3gxCq3B 1 1

修理する権利」の支持者は、大企業が設計したデバイスは一定期間しか使用できず、その後は交換する必要があると考えています。

しかし、大手企業とユーザーの間にはまだ意見の相違があります。アップル社の共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏は、修理権への支持を公に表明しています。ウォズニアックはウェブサイト「カメオ」のために記録した投稿の中で、「もしアップルがなかったら、我々は持っていないだろう」と述べている。トンは育つ。とてもオープンなテクノロジーの世界 で。

70歳の男性で、アップルの共同創業者であるスティーブ・ジョブズは、このスポーツを支持すると述べています。そして、「背後にいる人たちが正しいことをしていると固く信じている」と付け加えました。

今こそ、修理する権利を認めるべきだ Nyak氏の発言は、修理する権利をめぐってムーブメントのリーダーたちの間で議論が高まっている中で行われました。この運動の支持者は、ハイテク企業が 時代遅れの計画 の文化を促進したと考えています。

企業は、一定期間しか使用できないように機器を設計します。しかし、機器の設計には交換が必要です。この動きが大きくなってきたもう一つの理由は、より多くの機器が彼らを圧迫すると考えているからです。

Right-to-repairについて語るウォズニアック氏:

アップルの共同創業者は、ユーザーが自分で修理することも、第三者に修理を任せることも簡単にできるようにすべきだと考えています。最初の10年間、この製品が会社の唯一の利益源であったことを加えることで、拡張性を最大限に高めることができます。

ウォズニアックはまた、過去のテレビやラジオの修理方法について、ユーザーが自分で修理できるような紙の説明書があるからだと説明しています。技術愛好家が新しいハードウェアやソフトウェアを発明することまで可能にしているという。

会社は他の人とビジネスをし、完全に守りに入った独占的な他の人と協力している。しかし、完全に競争力があるわけではない。そして、本当はもっとうまくやれるはずだと付け加えました。

限界への報告

さらに、「多くの人の心の中では、他人を支配する力は、お金や利益と同等のものだと思います」と、All power and controlを与えることになるため、会社が遠慮すると考えている。ねえ、これはあなたのコンピュータなの、それとも会社のコンピュータなの?それを見たい。正しいことをするんだ。 とウォズニアックは語っています。

7月10日、ジョー・バイデン米国大統領は、ユーザーの使用能力を制限する競争上の制限を抑制するためのルールを確立するよう連邦取引委員会(FTC)に求める政令を発表しました。

バイデン氏はFTCに対し、アイテムの第三者による修理や自己修復に対する不公平な反競争的制限に対して対策を講じるよう求めています。強力なメーカーは、農家が機器を修理するのを制限していた修理項目です。

読む  銀河がどのように成長していくのかを知るために、夜空にズームインして宇宙の爆発を撮影しています。