ズームがFive9を買収することはない

ズームがFive9を買収することはない QEq6upA0c 1 1

最新のニュースによると、Five9はズームに買収される契約が外れたため、独立を維持するとのことです。Five9のプレスリリースによると、双方の合意により終了した とのことです。しかし、他の情報によると、Five9の株主は147億ドルの取引を拒否したという。なお、当初、Zoomは7月18日に買収を発表していました。

Five9は企業の顧客接点管理を自動化しており、今回の買収はZoomのビジネスサービスを強化するものと考えられていました。Zoomの競合他社は、マイクロソフトやグーグルなどの巨大企業であるため、この買収は小さな会社の拡大に役立つはずでした。技術的には、この取引は全株式を対象としたものになるはずでした。

残念なことに、ズーム社は買収を発表して以来、株価が4分の1以上も下がってしまいました。通常、企業が買収された場合、株主は株価にプレミアムを受け取りますが、これは全株取引だったからです。一方、ズームはファイブ9を割安で手に入れたことになります。

今月初め、独立したプロキシーアドバイザーであるインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズは、株主にこの買収に反対票を投じるよう勧告しました。また、政府が国家安全保障上のリスクを強調したことも、問題を解決しなかったでしょう。

Zoom社のCEOであるエリック・ユアン氏は、ブログ記事の中で、今回の買収失敗がZoom社の計画に大きな影響を与えることはないと述べています。このブログは先週の木曜日に公開されました。彼はFive9について、我々のプラットフォームの成功の基盤となるものではなく、顧客に魅力的なコンタクトセンターソリューションを提供するための唯一の方法でもなかった と書いています。さらに、ZoomはFive9や同様のサービスを提供する他の企業との「長年のパートナーシップ」を維持する予定だと書いています。

読む  Saygus社のCEOが詐欺罪で起訴される