テスラ、クルーズコントロールの問題で車両をリコール

テスラ、クルーズコントロールの問題で車両をリコール 1JaRYH 1 1

今年、テスラは中国でネガティブな評判を受けています。中国政府は、セキュリティ上のリスクを懸念しています。また、米国の自動車メーカーが中国で顧客からの苦情をどのように処理しているかも注目されています。最近、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、テスラが中国で28万5,000台以上の車をリコールすると報じました。

報告書によると、これらのほとんどは現地で製造されたものです。また、このレポートでは、車両のクルーズコントロールの安全性のリスクも指摘されています。

先週の土曜日、中国の国家市場規制管理局は、今回のリコールの対象は、上海にあるテスラのギガ工場で製造されたModel 3とModel Yの24万9,855台と、輸入されたModel 3の3万5,655台であると発表しました。これらはすべて、2019年12月から2021年6月の間に生産されたものです。

規制当局は、車両のクルーズコントロールシステムが誤って作動する可能性があるとしています。また、自動車の所有者は、遠隔操作で車両のクルーズコントロールシステムのソフトウェアをアップグレードできるとしています。

注目すべきは、テスラがこれに対してすぐに反応しなかったことです。WSJによると、テスラはWeiboの自社ページに謝罪文を掲載しました。2018年に、テスラは中国に施設を建設する契約を締結し、2019年12月以降、上海ギガ工場で生産した自動車の納入を開始しました。

その際、テスラは、世界最大の電気自動車市場である中国で、年間約50万台の自動車を生産することを目標としているという。

読む  新しいApple Music Androidベータ版ではSpatial Audioを搭載