テスラ、ハーツ社からテスラモデル3セダンを10万台受注

テスラ、ハーツ社からテスラモデル3セダンを10万台受注 rKDF8Z9fW 1 3

最新のニュースによると、レンタカー会社のハーツは、自社の車両を電動化する野心的な計画の一環として、10万台ものテスラモデル3セダンを発注しました。ハーツ社の発表によると、モデル3セダンの第一弾は、11月初旬から米国と欧州の主要市場でハーツ社からレンタルできるようになります。興味深いことに、この発表はハーツ社が倒産を免れてからわずか数ヵ月後に行われました。

この買収報道は、Bloombergが最初に報じたものです。同出版社は、この取引を電気自動車の過去最大の注文として報じています。この取引は、テスラにとって42億ドルの収益に相当します。このニュースを受けて、テスラの株価は市場前の取引で4.3%上昇しました。また今朝、テスラの「モデル3」が先月、欧州の月間販売台数ランキングでトップになった初の電気自動車となったことが報じられました。今月初め、テスラは世界中の自動車産業に打撃を与えたチップ不足と戦わなければならなかったにもかかわらず、第3四半期に記録的な売上を報告しました。

テスラ、ハーツ社からテスラモデル3セダンを10万台受注 N5Uit6XK 2 6

なお、ハーツでテスラを借りた人は、アメリカとヨーロッパにあるテスラのスーパーチャージャー3,000基のネットワークを利用することができます。ハーツは、これらの充電器に加えて、数千台 の独自の充電器を 自社のロケーションネットワーク全体 に設置する予定だと述べています。

昨年の5月、パンデミックの影響でレンタカー市場が大打撃を受け、ハーツは倒産した。100年以上の歴史を持つこの会社は、最終的にナイトヘッド・キャピタル・マネージメントやサータレス・マネージメントなどの投資家によって59億ドルの借り換えが行われました。ブルームバーグの報道によると、ハーツは現在、約50万台の車とバンのほぼすべてを電動化する計画です。

先日、ハーツの暫定CEOであるマーク・フィールズ氏は、プレスリリースの中で次のように述べています。「電気自動車は今や主流であり、世界的な需要と関心の高まりを目の当たりにし始めたばかりです。新生ハーツは、北米最大のEVレンタルフリートをはじめ、EVフリートを増やし、世界中のレジャーやビジネスのお客様に最高のレンタルおよび充電体験を提供することを約束し、モビリティ企業としての道を切り開いていきます」と述べています。この取り組みを売り込むために、ハーツはトム・ブレイディを起用した新しい広告キャンペーンを開始しました。

読む  Xiaomiは、MIUI 12.5 Enhanced Editionのシステムアップデートの第一弾を対象機種に配布を開始しました。