テスラは、世界的なチップ不足を解消するためにソフトウェアを書き換えました。

テスラは、世界的なチップ不足を解消するためにソフトウェアを書き換えました。 mol8hjTWs 1 1

最新のニュースによると、昨日、イーロン・マスクは、テスラが代替チップをサポートするように車両ソフトウェアを書き換えることで、世界的なチップ不足を乗り切っていると述べました。世界的なチップ不足は、自動車業界が歴史的な新車需要を迎えているこの時期に起こっています。

マスク氏は、「私たちは、数週間のうちに代替チップを用意し、ファームウェアを書き換えることができました。単にチップを交換するだけでなく、ソフトウェアも書き換えなければなりません」と述べています。これにより、テスラは高水準の生産を維持することができたと主張しています。同社は過去3ヵ月間に20万台以上の車両を顧客に納入し、119億ドルの収益を上げ、そのうち11億ドルが利益となっています。

ダイムラーやBMWなどの他の企業も、世界的な品不足の熱に直面しています。今週、ダイムラーとBMWは、チップ不足のために一部の組立ラインの閉鎖を余儀なくされました。

マスク氏は、「テスラの今後の成長は、世界的な半導体不足がどれだけ早く解消されるかにかかっている。と語っています。世界的なチップ不足の状況は、依然としてかなり深刻です。今年の残りの期間、我々の成長率は、サプライチェーンの中で最も遅い部分によって決定されるでしょう。

テスラでは、エアバッグからモジュールに至るまで、すべての電源にチップを使用しているため、自動車の安全機能に不可欠な部品が不足しています。

「今期の大きな問題は、エアバッグとシートベルトを制御するモジュールでした。当然ながら、これらがないと車を出荷することはできません」と述べています。

読む  Samsung Galaxy M32のスペックがリーク:6,000mAhのバッテリーなど