テスラモデル3、欧州で9月の販売台数トップに

テスラモデル3、欧州で9月の販売台数トップに A8mKDG 1 1

最新のニュースによると、ヨーロッパでは、テスラの「モデル3」が電気自動車として初めて、新車の月間販売台数のトップになりました。これは、ルノー・クリオやフォルクスワーゲン・ゴルフといった名車を抑えての快挙です。

Jato Dynamics社は販売データを共有し、この話はBloomberg Newsが最初に報じました。

Jato Dynamics社が販売データを発表し、Bloomberg Newsが最初に報じました。9月にテスラは24,591台のModel 3を販売しました。同時期に、ルノー・クリオは18,264台を販売し、2位につけています。欧州では、欧州以外の国で製造された自動車が月間ベストセラーになったのは初めてのことです。

テスラモデル3、欧州で9月の販売台数トップに GJDM5jNS 2 4

調査会社のJato Dynamics社が明らかにした販売データからは、自動車市場が内燃機関から電気自動車へと徐々に移行していることがわかります。最近では、さまざまな政府がEVやハイブリッドカー、バンに補助金を出すようになりました。これもEVに有利に働いています。ブルームバーグによると、9月の新車販売台数のうち、電気自動車とハイブリッド車の販売台数は23%を占めています。これは、2020年の市場の割合の約2倍にあたります。しかし、このような状況にもかかわらず、世界的なチップ不足が続いているため、新車の販売台数は全般的に減少しています。EU市場での自動車販売台数は、前年比で25%減少しています。

Jato社のアナリストであるフェリペ・ムノス氏は、AM Onlineの取材に対し、「ディーラーは、チップ不足による新車の入手困難という問題に直面し続けています。その結果、新車を1年以上も待ちたくないということで、多くの消費者が中古車市場に目を向けているのです。 と述べています。

過去の傾向を見る限り、9月は例年、テスラにとって好調な月でした。AM Onlineによると、今年の9月の販売台数は、テスラの第3四半期の総販売台数の74%を占めています。モデル3」と「モデルY」の複合的な成功により、テスラは電気自動車の市場シェア24%を獲得し、市場をリードしています。電気自動車の分野では、2位と3位は、市場シェア22%のフォルクスワーゲンと市場シェア13%のステランティスが占めています。

しかし、ソフトウェアの面では、テスラにとってはあまりスムーズではありませんでした。テスラは、最新の自動運転ベータ版について、ドライバーからバグや誤った衝突警告に関する苦情が寄せられたため、中止せざるを得ませんでした。テスラはこの問題への対応が遅く、もろかったのですが、同社もようやくこの問題に対応したようです。少なくとも、Tesla社のCEOであるElon Musk氏の早朝のツイートはそう示唆しています。

読む  なぜ皆、火星に行くことにこだわるのか?探査に適した他の世界をご紹介します。