ドラゴンボール超:スーパーヒーロー」最新情報:新プロモで2人の新キャラクターが明らかに

1

公開を間近に控え、盛り上がりを見せる「ドラゴンボール超」の新作映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』。

この度、公式プロモポスターが完成しました。

この画像は、ニューヨーク・コミコンで開催される「ドラゴンボール超スーパーヒーロー」パネルのために公開されたものです。

この画像は、ニューヨーク・コミコンで開催される「Dragon Ball Super: Super Hero」パネルのために公開されたものです。

このポスターには、映画の主役である悟空とピッコロが中央に描かれています。

ポスターには、映画の主役である悟空とピッコロが描かれていますが、ベジータがいないようです。

さて、落ちぶれたサイヤ人の王子様はどこにいるのでしょうか?さらに、子供の頃のパンの姿も垣間見え、これは映画が漫画のグラノラサーガの後に行われることを意味しているのではないかとEpic Dopeは考えています。

ここでは2人の新しいキャラクターも見られ、彼らは one and two と名付けられています。さて、問題は、彼らのストーリーがアンドロイド17と18に似ているかどうかです。

鳥山明自身は、この映画に新しいキャラクターが登場することを認めています。

鳥山明氏自身は、映画に新しいキャラクターが登場することを認めていますが、同じキャラクターのストーリーを繰り返すことはありえないでしょう。

一方、Comicbookは、今月開催されるNYCCで大きなニュースがあると指摘しています。パンデミックにもかかわらず、このイベントは対面式で行われることになりましたが、厳しい健康対策が課せられることは間違いありません。

今回のパネルはストリーミング配信されませんので、ゲストはVIP待遇を受けることができます。

現在、NYCCではイベントに登場するパネルを集めており、その中には Dragon Ball Super: Super Hero も含まれる予定です。

このニュースをTwitterで確認したところ、この映画のための特別なパネルが開催されるとのことでした。このパネルには、声優のイアン・シンクレアとモニカ・リアル、プロデューサーの伊与久昭夫、編集者の林田典弘が登場し、映画をリードします。

映画のスペシャルパネルは10月7日(木)に開催されます。「

映画のスペシャルパネルは、10月7日(木)に開催されます。「1984年以来、『ドラゴンボール』シリーズは、世界中のファンにエキサイティングな冒険をもたらし続けてきました。

一方、ファンは現在、映画に大きな期待を寄せており、公式の予告編を待ち望んでいます。映画が発表されてから5ヶ月が経過した今、ファンにこれから見ることができるものを垣間見せるにはちょうど良い時期なのかもしれません。

3DCGを採用すると言われているだけに、そのスタイリングが気になって仕方がありません。

3DCGと言われているだけに、そのスタイリングが気になるところ。2022年に公開される『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』で確かめてみてください。

読む  Call of Duty League Championship 2021で3位となったDallas EmpireのCrimsixとVividが制限付きフリーエージェントとなる。