ナデシコ。誰もがあなたに今すぐ勝ってほしいと思っていますが、北米の才能ある選手を出場させ、若い選手にチャンスを与えることも望んでいます」。

ナデシコ。誰もがあなたに今すぐ勝ってほしいと思っていますが、北米の才能ある選手を出場させ、若い選手にチャンスを与えることも望んでいます」。 g62Bu8 1 1

多くのLeague of Legendsファンは、組織がより多くの常駐NAタレントを擁するよう求めていますが、これは人々が考えるほど簡単なことではないかもしれません。先日行われたオーナー記者会見で、100 ThievesのCEOであるMatthew Nadeshot Haag氏は、「結局のところ、チームは勝つために可能な限り最高のロスターを作るように設定されている」と説明しました。彼は、自分のチームに5人の北米人プレイヤーを配置したいと考えていますが、「今のエコシステムでは、それは不可能です」と述べています。

「誰もが今、あなたが勝つことを望んでいますが、同時に北米の才能ある選手を起用し、若い選手にチャンスを与えることも望んでいます。

「誰もが今、勝利を望んでいますが、同時に北米の才能ある選手を起用し、若い選手にチャンスを与えることも望んでいます。「難しい状況ではありますが、私たちは可能な限り最善を尽くしています。私たちは北米のチームであることを誇りに思っていますし、League of Legendsに参戦しているプレイヤーのことも誇りに思っています。

選手の成長を妨げる方法はたくさんありますが、若い選手を早々にステージに上げてしまうと、「彼らのキャリアが実際に軌道に乗り、正しい順序で繁栄する可能性が損なわれてしまいます」とNadeshot氏は言います。100 ThievesのCEOであるNadeshot氏は、LCSのすべてのチームが、北米生まれのプレイヤーがもっと増えることを望んでおり、組織は新しい血を育てる手助けをしてくれると信じています。「才能はそこにある」と29歳の彼は言いますが、それを開花させるには時間が必要です。

ナデショは、「100 Thieves’s Next」と「Academy」というプログラムが、この地域の若い才能を発掘し、育成するのに役立っていると語りました。しかし彼は、League of Legendsの性質上、これらの才能を育てるにはより多くの時間が必要だと認めました。

Team LiquidのゼネラルマネージャーであるDodo氏は、キャリアの大半をこの地域で過ごしてきた選手たちを「non-NA」と呼ぶのは「少し失礼だ」と述べました。例えば、CoreJJはインハウスマッチで地域を盛り上げるために多大な貢献をしているし、SantorinやJensenはもう何年もLCSでプレイしていると述べました。

北米におけるLeague of Legendsシーンの状況については、特に、輸入選手の頻繁な使用が、この地域のesportの成長に影響を与える問題として高まっていると考える人々の間で、大いに議論されてきました。特に、輸入選手の多さが問題視されており、北米での成長に影響を与えていると考えられています。

読む  キングダム」第691章の公開日、ネタバレあり。カン・キの帰還