ニンジャガイデン マスターコレクション」、PCの移植が悪いと批判される

マスターコレクション」、PCの移植が悪いと批判される y26FQdZYf 1 1

忍者龍剣伝マスターコレクションは、PCへの移植がうまくいかなかったことで、現在、多くの批判を受けています。

これまでに、今週発売された「Ninja Gaiden Master Collection」は、劣悪な移植と思われるものを公開しています。ゲーム自体は以前と同じ素晴らしいタイトルであるとファンは賞賛していますが、PCでの手抜きで素っ気ない移植はファンを失望させています。

忍者龍剣伝のPC版は基本的な部分が不足している

忍者龍剣伝の移植では、3つのタイトルすべてのシグマ版を使用しています。多くの人は、このゲームがストレートな移植で、プラットフォームのためのクオリティーオブライフの変更がないのではないかと疑っていました。日本の開発者の多くがこのような問題を抱えていることを考えると、今回の出来事は驚きではありません。

YTUB_1

この移植版には、PC を中心とした多くのオプションが欠けており、「PC」ゲームであるための最低限の要件さえも満たしていません。まず、このゲームはキーボードとマウスをサポートしていません。

ゲーム自体が「プレイするにはコントローラーが必要」とプレイヤーに警告しています。キーボードで操作することもできず、コーエーテクモは十分な注意を払っていなかったということです。

この忍者龍剣伝の移植版では、ゲーム内でゲームの解像度を適切に変更する方法もありません。プレイヤーが選択できるのは、720p、1080p、2K の解像度オプションのみです。この単純な変更を行うにも、プレイヤーは Steam でゲームのプロパティをいじらなければなりません。

(英語)

Steam のページには、「ゲームの開始時に、環境に最も適した解像度 (1920×1080 (1080p) または 3840×2160 (4k)) を決定します」と書かれています。

解像度を設定するには、Steam®ライブラリからゲームのプロパティを開きます。起動時のオプション」のテキストフィールドに「720p」、「1080p」、「4k」と入力することで、解像度を対応する値に固定することができます」。

(英語

コーエーテクモの仕事の少なさをファンや識者が批判

Ninja Gaiden Master Collectionは、今でも素晴らしいタイトルです。それにもかかわらず、コーエーテクモはパブリッシャーの中で最も非難されている移植作業を行ったのです。ファンも専門家も、ゲームを賞賛しながらも、コーエーテクモが行った仕事、またはその欠如を批判しています。

(英語)

この記事でKotakuのLuke Plunkett氏は、「私はここで、権利を主張するクソPCゲーマーのように聞こえたくありません!」と指摘しています。

「私はここで、ある種の権利を主張するクソ PC ゲーマーのように思われたくありません!」と Kotaku の Luke Plunkett 氏は記事で指摘しています。「しかし、私たちが移植に期待すべき最低限のものがあり、歴史がそのハードルが非常に低いことを示しています。

</blockquote

忍者龍剣伝マスターコレクションの多くのレビューも、素っ気ないと言いつつも、わざわざゲームを褒めています。このゲームはSteamで3タイトルとも40ドルで販売されています。

Featured image courtesy of Koei Tecmo Europe LTD/Youtube Screenshot

読む  The Elder Scrolls Online」のアップデートが1週間遅れる