ハイデラバード・ナワブがフリー・ファイヤー・シティ・オープン(FFCO)インド2021で優勝

ハイデラバード・ナワブがフリー・ファイヤー・シティ・オープン(FFCO)インド2021で優勝 Y3o8iOcp 1 1

ハイデラバード・ナワブは、本日開催されたフリー・ファイアー・シティ・オープン(FFCO)インド2021において、終日安定した成績を収め、僅差で優勝することができました。賞金総額80,000ドルのうち、1,500,000ルピー(約20,211ドル相当)を獲得します。

デリー・タイタンズとハイデラバードは、最終試合を前に、総合順位でわずか1ポイント差に留まっています。カラハリでの決戦では、両チームはそれぞれ6位と7位に転落しました。しかし、この試合で両チームは、デリーが1キルしたのに対し、2キルして6ポイントを獲得しました。

この結果、Hyderabad Nawabsは73ポイントを獲得し、Delhiと1ポイント差で順位表のトップに立ちました。3位のLucknow Tigersも勝ち点70で遠く及ばなかった。

関連記事 フリー・ファイアー・シティ・オープン(FFCO)インド2021の結果です。

v03W8Yue2jI25OcktLyERlN54HGOiDai04 dzusNIykI 2 4

FFCO 2021」の総合順位をご紹介します。

    (英語

  1. (英語
    ハイデラバード・ナワブ(73点
  2. デリー・タイタンズ(勝点72
  3. ラクナウ・タイガース(70点
  4. ムンバイ・ストライカーズ(53点
  5. パンジャブ・パンサーズ(勝点52
  6. アーメダバード・ライオンズ(勝点48
  7. ラクナウ・ウォリアーズ(勝点47
  8. コルカタ・キングス(勝点41
  9. Dehradun Wolves(40点
  10. チェンナイ・ハンターズ(33点
  11. Chennai Conquerors(32ポイント
  12. バイザッグ・ビクターズ(17点

(英語

Free Fire City Openは、インドの8つの州で公開予選を行う、他に類を見ない大会でした。各州の地域決勝で優勝したチームが、首都の代表としてグランドファイナルに臨みました。残りの4チームは、プレイインとワイルドカード・トーナメントを勝ち抜きました。

読む  Tribe Gaming社がNFTソリューションプロバイダーであるMOVE Network社とのパートナーシップを発表