ハリーはまだプリンス! サセックス公爵はリリベットの出生証明書にHRHの称号を使い、メーガン・マークルは彼女の称号を捨てました。

ハリーはまだプリンス サセックス公爵はリリベットの出生証明書にHRHの称号を使い、メーガン・マークルは彼女の称号を捨てました。MOv8o4hLb 1

ハリー王子は、娘のリリベット・ダイアナの出生証明書にHRHの称号を使用しています。

ハリー王子は、娘のリリベット・ダイアナの出生証明書に「HRH」の称号を使い、メーガン・マークルは、「HRH」の称号を捨てて、自分の出生名を使いました。

Peopleが入手した文書には、リリベットとアーチー・ハリソンの出生証明書の違いが記されていました。リリベットは6月4日午前11時40分に、サセックス夫妻のモンテシートの家の近くにあるサンタバーバラ・コテージ病院で生まれました。

ハリーはファーストネームをサセックス公爵と記載していました。一方、妻は母親の法律上の名前と旧姓が必要なため、単にフルネームのレイチェル・メーガン・マークルと記載しました。

2019年5月6日の誕生から11日後に一般公開されたアーチーの出生証明書では、ハリーは自分の名前をHis Royal Highness Henry Charles Albert David Duke of Sussexと記載しました。マークルは自分の名前をレイチェル・メーガン・ハー・ロイヤル・ハイネス・ザ・ダッチェス・オブ・サセックスと書いたとMSNは指摘している。

英国の出生証明書には両親の職業が記載されているため、夫妻は「英国の王子と王女」と記載しました。マークルさんはプリンセスの称号を持っていません。

一方、カリフォルニア州の出生証明書には、両親の職業の欄がありませんでした。

ハリーとマークルは、王室の現役メンバーから身を引いた後、HRHの称号の使用をやめました。これは、ウィリアム王子やケイト・ミドルトン、その他の上級王族が行っているような王室の職務を、彼らが行わなくなることを意味します。

公爵と公爵夫人であることに変わりはありませんが、彼らは単にハリーとメーガンと名乗っています。また、HRHの称号はハリーの名前の一部として法的に認められているので、リリベットの証明書にはそれを入れることが義務付けられています。

「これはハリーの法的な名前で、書類にはハリーの法的な名前が必要です」と代理人がInsiderに語っています。

Fox Newsによると、ハリーはエリザベス2世の直系の孫ということで、まだ王子です。アメリカに移住したにもかかわらず、王室は彼を放棄したり、称号を剥奪したりしません。使わないことに同意するだけです。

また、彼は今後もサセックス公爵として知られ、マークルはサセックス公爵夫人のままとなります。

また、アーチーとリリベットの出生証明書に記載されている二人の名前が異なるのは、第一子を出産した当時、二人がまだフルタイムの上級王族として働いていたためです。

いずれにしても、チャールズ皇太子が新国王になった暁には、アーチーとリリは自動的にプリンスとプリンセスの称号を持つことになるでしょう–君主の直系の孫ですから。

YTUB_1

読む  バトルグラウンズ・モバイル・インディア(BGMI)」がAppleのApp Storeで配信開始