バングラデシュの裁判所が「PUBG Mobile」と「Free Fire」の3ヶ月間の使用禁止を命じたと報じられる

バングラデシュの裁判所が「PUBG Mobile」と「Free Fire」の3ヶ月間の使用禁止を命じたと報じられる Zm7GLoTGZ 1 1

The Daily Starの報道によると、バングラデシュ高等裁判所は、TikTok、PUBG、Free Fireなどの複数のオンラインアプリやゲームを3ヶ月間禁止するよう政府に命じました。

裁判所は、これらのアプリケーションが児童や青少年にとって 破壊的 であると主張し、彼らを 道徳的・社会的劣化 から救いたいとしています。政府がこの命令をいつ実行するのかは不明です。

裁判所がこの命令を出したのは、2人の最高裁弁護士による令状申し立てに対応するためでした。申し立てでは、これらのアプリやゲームが国の若者にとって有害であると主張しています。

この命令は、2人の最高裁判所の弁護士によって出されたものです。

この嘆願書には、ビデオゲームやアプリに関連した暴力の主張を裏付けるデータがあるかどうかは不明です。

また、バングラデシュ高等裁判所は、同国の電気通信・情報技術省、教育省、法科省、保健省、その他23の個人・団体の事務局長に対し、アプリやゲームを禁止すべきでない理由を問う判決を下しました。10日以内に回答してください。

バングラデシュが「PUBG Mobile」を禁止したのは今回が初めてではありません。同ゲームは2019年10月に同じ理由で初めて禁止されました。その時は、わずか数時間で禁止が解除されましたが。

Free Fire」も「PUBG Mobile」も、同国では人気の高いゲームです。この2つのゲームを開発したGarena社とTencent社も、国内で現地のesports大会を開催しています。ちょうど昨日、バングラデシュで開催された「PUBG Mobile National Championship(PMNC)2021」が終了し、Venom Legendsが優勝しました。

PUBGモバイル」に対してアクションを起こしている国はバングラデシュだけではありません。ヨルダンやイラクでも同様の理由でゲームが禁止されています。ネパール、アフガニスタン、パキスタンでも2020年に一時的にゲームを禁止しました。

読む  科学は時に科学よりも芸術である、モーティ:「リック・アンド・モーティ」が大スクリーンで登場?