フォルクスワーゲンがドイツ・ミュンヘンで電動ロボットタクシーのテストを実施中

フォルクスワーゲンがドイツ・ミュンヘンで電動ロボットタクシーのテストを実施中 moJZkq5aJ 1 1

フォルクスワーゲンが最初のコンセプト電動マイクロバス「ID Buzz」を発表してから文字通り5年が経過し、ようやく路上を走る姿を目にすることができるようになりました。フォルクスワーゲンによると、ID Buzzは、自動車メーカーの本格的な商用ライドヘリングのプラットフォームとして機能するとのことです。現在のところ、同社はミュンヘンでテストを行っています。フォルクスワーゲンは、ID Buzzを公道と、市の空港近くのプライベートトラックに配備する計画を立てています。

このクルマは、フォードとフォルクスワーゲンが支援するピッツバーグのスタートアップ、Argo AIが開発したハードウェアとソフトウェアを使用する。遡ること2019年、2つの自動車メーカーは電気自動車と自律走行車を共同開発するための「グローバルアライアンス」を締結しました。その一環として、フォルクスワーゲンはArgoに26億ドル(約2,000億円)を出資した。アルゴはミュンヘンにオフィスを開設し、そこを拠点とするフォルクスワーゲンのドライビングチームと協力した。

フォルクスワーゲンがドイツ・ミュンヘンで電動ロボットタクシーのテストを実施中 AW6M5pODp 2 4

現在のところ、アルゴは米国でのテストにフォードの改造車を使用しており、独自の目的で作られたAVはまだ明らかにしていません。自動運転IDバズは、アルゴのAVのハードウェアとソフトウェアをより完全な形で実現したものになります。フォルクスワーゲンは、このバンを子会社Moia(モイア)のライドシェアリングフリートとして就航させる予定だという。

注目すべきは、期待されているにもかかわらず、AVはその期待からはまだ遠いということです。この1年で業界は急速に統合されてきました。ここ数ヶ月の間に、多くの企業の合従連衡、合併、買収が見られます。

フォルクスワーゲンとアルゴは、目標としていた期限に間に合わせるという約束を信じていることを確認しました。アルゴのCEOであるブライアン・セールスキーは、タイムラインについてより現実的に考えていました。最近のインタビューでは、期限について語りながら、技術は「準備ができたときには準備ができている」と述べています。アルゴはここ数年、マイアミ、オースティン、ワシントンDCで第4世代車両のテストを行ってきました。年内には、アルゴは米国でLyftと共同でライドハイルサービスを開始する予定です。

読む  YouTubeの自動化。デジタル資産を公開