ブラッド・スミス:秘密の召喚令状は米国のハイテク企業を傷つける

ブラッド・スミス:秘密の召喚令状は米国のハイテク企業を傷つける 2eDA2 1 1

マイクロソフト社の社長兼最高法務責任者であるブラッド・スミス氏は、政府が同社やアップル社などのクラウド・サービス・プロバイダーの機密データに対して召喚状を発行していることを批判しました。

New York Timesは、ドナルド・トランプ前大統領の在任中に、米司法省がAppleに米下院情報委員会に民主党員2名を加えるよう要求したと報じました。

CNBCは、マイクロソフトが議会関係者から私信の守秘義務の要請を受けたと報じました。企業には守秘義務が認められており、データの故障や警告について話し合うことが禁じられています。

米国政府は、情報提供を求められた個人に通知し、召喚状を起訴するかどうかを決定するルールを修正すべきです。月曜日、Bloomberg TVのインタビューで、スミスは、マイクロソフトが2016年に司法省に差し止めを申請したと述べました。1年後、司法省は新たなガイドラインを発行し、そのような機密要求を制限すると考えていたという。

独占禁止機関がより多くの法的権限を与える。

このままでは、国が長年培ってきた基本的な自由が損なわれてしまう。この国は、率直に言って、我々技術者にとっては、中間的な状態にある」とスミスは語った。スミスは、これは政府が探している人たちのために、ほとんどの場合解決すべき問題であると述べている。これが、ヨーロッパの指導者たちのバイデン政権に対する懸念です。

彼らは新たな保証と、米国政府が米国の裁判所に頼らないという保証を求めています。米国企業に欧州所有のデータを引き渡せということは、基本的に、この問題を解決するまでの間、我々が信じている、欧州のテクノロジー産業の発展のスピードを遅らせることになります。スミス氏はインタビューの中で、アメリカとヨーロッパの大規模なテクノロジー企業に追加の監督を課したいと語っています。

ある法案では、アマゾンやアップルをはじめとする米国のテクノロジー大手に、事業の売却や停止を求めています。スミス氏は、いくつかの法案は「絶対に」マイクロソフトに関連していると述べています。しかし、他の政党は主に、ワシントン州レドモンドにある同社の競合他社の一部を扱っています。

多くの意味で、ゲートキーパーとして機能する技術プラットフォームに焦点を当てることが目的です。OSのようなプラットフォームとして機能するだけでなく、製品であれ、人々は取引を販売するためにそれらを使用しなければなりません。

チャンスはどこにあるのか?

スミス氏はまた、責任を持ってコンタクトを処理できる限り、世界最大のソフトウェア会社であるマイクロソフトは、共同創業者のビル・ゲイツ氏と話を続けていくという。メリンダ・フレンチ・ゲイツ氏は離婚を控えており、ゲイツ氏がマイクロソフト社員の不始末を起こしているのではないかという報道もあります。

同社によると、ゲイツ氏が2019年にマイクロソフトの取締役に就任した際、2000年に取締役として従業員を恋愛対象にしようとしたという苦情が寄せられたという。ゲイツ氏は引き続き、マイクロソフトのサティア・ナデラCEOの顧問を務めています。

この立場では、同僚とのミーティングを含め、製品のレビューに参加することもあります。スミスは、気候変動の例を挙げました。マイクロソフトは炭素排出量の削減という積極的な目標を掲げています。

ゲイツはこのテーマで本を書き、この業界に何十億ドルもの投資をしました。

皆さんから寄せられた質問を考慮し、適切な協力ができるよう、今後も提案を参考にしていきたいと思います。Bloomberg より

読む  Apple、iPhone 13シリーズのリフレッシュレート問題を認め、近日中の修正を約束