マイクロソフト、.NETオープンソース・コミュニティの反発を受けて決定を撤回

マイクロソフト、NETオープンソース・コミュニティの反発を受けて決定を撤回 VXs49A 1 1

最新のニュースによると、マイクロソフト社は、オープンソースコミュニティからの世論の反発を受けて、次期.NET 6から重要な機能を削除するという決定を覆すことにしたそうです。今週初め、マイクロソフトは次期リリースの.NET 6でホットリロードの重要な部分を削除し、.NETオープンソースコミュニティを怒らせました。 ホットリロードは、開発者がソースコードを修正し、アプリの実行中にその結果をすぐに確認することができる機能です。

この機能は、Visual Studio Code や複数のプラットフォームで使用されることが以前から期待されていましたが、Microsoft は直前になって、この機能を有料製品である Visual Studio 2022 にロックし、Windows に限定するという物議を醸しました。この直前の変更は、マイクロソフトの開発者部門の責任者であるジュリア・リューソンによって行われました。技術的には、この決定はMicrosoftの観点からはビジネスに焦点を当てた良い動きでしたが、ユーザーはこの動きを素直に歓迎していません。

マイクロソフトは、自社の従業員からの反発と怒りを受けて、この変更を撤回しました。.NET プログラム マネージメント ディレクターの Scott Hunter 氏は、「私たちは決定を実行する際にミスを犯し、コミュニティに返答するのに予想以上に時間がかかりました」と説明しています。

現在、マイクロソフト社は、この機能を再び有効にするためのコミュニティのプルリクエストを承認し、.NET 6 SDKの最終バージョンで利用できるようになりました。同社の広報担当者は、「一部のOSSコミュニティのメンバーが経験した問題に対処するための措置をとりました。ホットリロード機能は、11月8日に発売される.NET 6 SDKの一般提供版に搭載される予定です。 とコメントしています。

しかし、Microsoft のブログ投稿では、この論争の的になっている決定については触れられておらず、代わりに、単にコードを無効にするのではなく、コードを削除したのは単なるミスだったと示唆していることに注意してください。

ハンター氏は、「スコープを広げようとする努力の中で、単にそのコードパスを呼び出さないようにするのではなく、誤ってソースコードを削除してしまいました。多くの企業がそうであるように、私たちもOSSコミュニティのニーズと.NETの企業スポンサーであることのバランスを取ることを学んでいます。時には、うまくいかないこともあります。そうでないとき、私たちにできる最善のことは、間違いから学び、前に進むためにより良いものにすることです」。

読む  TikTokはクリエイターが動画にミニアプリを追加できるようにし、その名称を「Jumps」としました。