マイクロソフト、Windows 11とWindows 11用Office UIスイートのプレビュービルドを公開

マイクロソフト、Windows 11とWindows 11用Office UIスイートのプレビュービルドを公開 mP6pja 1 1

本日、マイクロソフトは初めてのWindows 11プレビュービルドを公開しました。Windows 11プレビュー(ビルド22000.51)をダウンロードすることができます。新しいスタートメニュー、マルチタスク機能、そしてオーバーホールされたMicrosoft Storeへのアクセスが含まれています。これまでのWindows 11のリーク情報と同様に、公式プレビューでもファイルエクスプローラーが更新されています。リボンの代わりにコマンドバーが採用され、ファイル管理がより簡単になりました。

同社が最近議論したほとんどの視覚的な変更は、この初期プレビューで利用可能です。興味深いことに、マイクロソフトは今回のプレビューで、新しいウィジェット機能とともに、Windows 11 の新しいテーマとダーク/ライト モードを披露しました。Glow」、「Captured Motion」、「Sunrise」、「Flow」などの新しいテーマは、中央に配置されたタスクバーを念頭に置いてデザインされているようです。

現時点のプレビューでは、2つの大きな Windows 11 の機能が欠けています。Microsoft Teams の統合と、Windows 上の Android アプリです。マイクロソフトはこれらをまだ構築中なので、最終的な商用ビルドでは利用できるようになると思われます。また、今回の Windows 11 プレビュー版には、さまざまな画面サイズでのマルチタスク処理を支援する「Snap Groups」や「Snap Layouts」などの新機能も含まれています。

また、マイクロソフトは Windows 11 の「設定」セクションのデザインを変更しました。設定セクションの外観をより魅力的にし、ナビゲーションを簡素化しました。設定」には、左側のナビゲーション パネルがずっと表示されるので、セクション間の切り替えがより簡単になりました。

本日、マイクロソフトは、Windows 11のプレビュー版とともに、Windows 11用のOfficeリフレッシュのプレビュー版を公開しました。更新されたUIでは、Windows 11に合わせてOfficeアプリの角が丸くなっています。これ以外にも、ダークモードやライトモードなどの細かい変更があります。

Windows 11のプレビュービルドをテストしたい場合は、Windows Insidersプログラムに登録した後、Windows 10デバイスで「設定」→「アップデートとセキュリティ」→「Windows Insiderプログラム」と進むだけでOKです。ただし、そのためには互換性のあるマシンが必要となります。互換性の確認には、マイクロソフトの「PC Health Check」アプリをご利用いただけます。

最後になりましたが、初期ビルドにはバグや未完成の機能が含まれているため、これらのプレビュー版を通常のマシンにインストールすることはお勧めできません。フィードバックを希望する開発者のみがこれらを試すことができます。なお、マイクロソフト自身も、今回のプレビュー版についていくつかの既知の問題を指摘しています。

読む  北米の熱波は、気候変動が私たちの天候をどのように変化させるかを知る必要があることを示しています。