マイクロソフトは、10月5日にWindows 11を発表します。

マイクロソフトは、10月5日にWindows 11を発表します。 leik4yUZ 1 1

マイクロソフトは、Windows 11を10月5日にリリースすることを発表しました。対象となるWindows 10搭載PCおよびWindows 11を搭載して出荷される新しいハードウェアには、無償のアップグレードとして提供されます。ただし、このアップデートは、他のWindowsアップデートと同様に、異なるデバイスを段階的にカバーします。まず、新しい対象デバイスにアップグレードが提供されます。その後、市場に出回っているより多くのデバイスにアップデートが提供されます。

マイクロソフトのWindowsマーケティング担当ジェネラルマネージャー、アーロン・ウッドマンは次のように述べています。「Windows 10から得られた大きな学びを受けて、私たちはお客様に最高の体験を提供できるようにしたいと考えています。2022年半ばまでに、対象となるすべてのデバイスにWindows 11への無償アップグレードが提供されることを期待しています」と述べています。

ユーザーがWindows 10搭載PCを所有している場合、Windows 11へのアップグレードが可能になると、Windows Updateによって通知されます。Windows UpdateによるWindows 11へのアップグレードが可能かどうかを確認するには、マイクロソフトの専用アプリ「PC Health Check」を使用する必要があります。

なお、発売当初は、発表されたすべての機能が利用できるわけではありません。マイクロソフトは、amazonやインテルなどの企業との提携により、AndroidアプリをWindows 11に搭載しています。Windows 11でのAndroidアプリのプレビューは、Windows Insiders向けに行われます。すべての機能を導入するには、2022年という期限を越えなければならないようです。

先週、マイクロソフトはWindows 11の最小システム要件を明らかにし、要件を満たしていないユーザーのための回避策を明らかにしました。発表によると、Windows 11は、2つ以上のコアを持つ64ビットの1GHzプロセッサ、4GBのRAM、64GBのストレージ、TPM 1.2チップを搭載したPCであれば、ISOを通じてあらゆるハードウェアにインストールすることができます。一方で、この回避策を使用した場合、PCはサポートされていない状態になります。つまり、サポートされていないWindows 11 PCは、すべてのWindows Updateやセキュリティパッチにアクセスできない可能性があります。

なお、マイクロソフトはWindows 10を2025年10月14日までサポートします。現時点では、マイクロソフトが今後4年間にWindows 10のメジャーアップデートを何回リリースするかは明らかになっていません。今年は、後半に、Windows 10のアップデートが期待されています。

読む  Appleは、より大きなディスプレイを備えた将来のiPadのデザインに取り組んでいる