マイクロソフトはサポートされていないPCにWindows 11を試させない

マイクロソフトはサポートされていないPCにWindows 11を試させない mbjjdZPo7 1 1

最新のニュースによると、マイクロソフト社はWindows 11へのアップグレードに不適格なPCをWindows Insiderテストプログラムから除外しています。つまり、ハードウェアの最小要件を満たしていないマシンで Microsoft の Windows 11 テストに協力していた場合、Windows Update で Windows 10 の再インストールが必要であることを警告するメッセージが表示されるということです。

次のような警告が表示されます。お使いの PC は、Windows 11 の最小ハードウェア要件を満たしていません。お使いのデバイスは、Windows 11 の Windows Insider Program に参加する資格がありません。Release Preview ChannelのWindows Insider Programに参加するには、Windows 10をインストールしてください。

今週、DevとBetaの両チャンネルのWindows 11テスターが、互換性のないPCでこのメッセージを受け取り始めました。なお、これはWindows 11のベータ期間開始時にマイクロソフトがテスターに警告していたものです。

マイクロソフトは、ハードウェアの最小条件を満たしていないWindows 11のテスターには、Windows 10をインストールすることを推奨しています。多くのWindows 11テスターは、なぜ自分のPCが公式にサポートされていないのか、困惑することになるでしょう。

マイクロソフトは、この最小ハードウェア要件の混乱を、セキュリティと信頼性の推進と指摘して正当化しようとしていますが、その過程で、わずか数年前に販売された一部のPCがアップグレードできない状態になっています。Windows 11では、セキュリティのベースラインがCPUに合わせられます。

Windows 11は10月5日にリリースされますが、マイクロソフトは引き続き新しい開発版をテスターに提供します。アンドロイドアプリの統合のような機能は、発売時には搭載されませんが、Windows Insiderのテスターは、今後数ヶ月のうちに利用できるようになります。

読む  大人は寝るのが好きなのに、子どもは寝るのが嫌いなのはなぜ?