モネ、XXS、ボラックス、そしてチーム・アスターのスタッフがルーマニアでCOVID-19の陽性反応を示す

モネ、XXS、ボラックス、そしてチーム・アスターのスタッフがルーマニアでCOVID19の陽性反応を示す 2CXQ3F 1 1

The International 10の開催まであと8日となりましたが、中国の団体Team Asterのメンバー数名がPCR検査を受けた結果、COVID-19の陽性反応が出たため、自己隔離措置をとっています。

チーム・アスターのWeibo(微博)での公式発表によると、Monet、XXS、Boraxの3選手、チームのコーチ、マネージャー、同行するビデオチームが陽性と判定されました。

幸い、アステル社は、陽性と判定されたメンバーは全員、無症状または軽度の症状であることを明らかにし、チームの監督は必需品を購入する以外はホテルを出ていないと付け加えました。The International 10に参加する中国の5チームはすべて同じホテルに宿泊しており、アスターはすぐに同胞に状況を知らせていました。

同行する中国の3チーム(ElephantVici GamingInvictus Gaming)は、すべての選手とスタッフが陰性であると発表しました。PSG.LGDは、イベントに参加するすべての人の安全と健康を願うメッセージを発表しましたが、PSG.LGDはまだ選手とスタッフの状況を確認していません。

TI10は10月7日に開催されます。グループステージは通常、ホテルの一室で行われるため、Asterは問題なく参加できるでしょう。観客が入れる本戦に出場することになれば、選手の状態に応じて、より慎重な対応が必要になるかもしれません。

パンデミックの影響で1年間開催されなかったDota 2のプレミアイベントが、今年はブカレストで開催され、完全なワクチン接種とマスクをした観客が許可されています。4,000万ドル以上の賞金がかかっているこの大会の最新版は、これまでのTI9の記録である3,400万ドルを上回る、esports最大の賞金総額となっています。

読む  バルブスチームデッキは7月16日より予約受付開始