ユービーアイソフトの「アバター」タイトルのマネージング・ディレクターが退任

ユービーアイソフトの「アバター」タイトルのマネージング・ディレクターが退任 1WUDz 1 1

次回作「Avatar: Frontiers of Pandora」を制作するスタジオでは、マネージング・ディレクターが退任し、大きな変化がありました。

スター・ウォーズ』や『アバター』の制作に携わってきたデビッド・ポルフェルト氏は、休養をとることを決めました。

Polfeldt氏の「アバター」からの退出の意味するところ。

YTUB_1

ユービーアイソフトの「アバター:パンドラの地平線」担当マネージングディレクター、デビッド・ポルフェルト氏が短期間で退任しました。

Ubisoft MassiveはMassive Entertainmentとしても知られています。

退社前のMDは、2つの大きなゲームに取り組んでいました。1つはオープンワールドのスターウォーズのタイトルで、もう1つはアバターのエントリーです。

しかし、ポルフェルト氏は、6ヶ月後に「戦略的」な役割で復帰することを確実にしています。

17年前、私はマルメに拠点を置く小さなインディー・スタジオに入社し、創業者が「Mister FixIt」と定義する役割を担いました。

ユービーアイソフトの今後のプロジェクトにまだ疑問を持っている人も、広く心配する必要はありません。

ポルフェルト氏は、6ヶ月後に新しい戦略的ポジションに復帰することを明らかにしており、会社を去るわけではありません。つまり、「Avatar: Frontiers of Pandora」はまだ発売が先なので、全体的な開発は順調に進んでいくということです。

一方で、彼の後任はすでに間近に迫っていますが、まだ明らかにされていません。Massiveは発表を控えています。

さて、Polfeldt氏の退任に関連して、今現在、インターネット上では別の話が話題になっています。

彼の退社は、現在、職場でのハラスメントと虐待に関連しています。いくつかの報道によると、ユービーアイソフトでは多くの事件が起きています。すでに何人かの幹部が会社を去っています。

しかし、このような報道が本物かどうかについては、今のところ明確な情報はありません。

ALSO READ:Ubisoftは2020年、「Assassin’s Creed」のおかげでかなりの売り上げを記録した。

もっとたくさんのゲームが登場します

現在、ユービーアイソフトは2つの大作に追われていますが、他にも多くの大作が今年中に発売される予定となっています。

そこで最も注目され、待ち望まれている超大作は、『Halo Infinite』や『Far Cry 6』といったタイトルです。

Horizon Forbidden West」、「Call of Duty」の新作、「New World」、「No More Heroes 3」、「Battlefield 2042」などもリストに入っています。

Scarlet Nexus」、「Cyber Shadow」、「Kena: Bridge of Spirits」と、膨大なラインナップがさらに広がっています。

Stray」「Psychonauts 2」「Back 4 Blood」「GhostWire: 東京」、「Life Is Strange:

「Stray」、「Psychonauts 2」、「Back 4 Blood」、「GhostWire: Tokyo」、「Life Is Strange: True Colors」、「Solar Ash」などがあります。

また、「Glitchpunk」、「The Day Before」、「Etched Memories」などの野心的なプロジェクトが近日中に登場することが明らかになっています。

2021年に発売される期待のゲームについて、あなたはどう思いますか?あなたはそれらを楽しみにしていますか?

あなたの反応やその他の重要な提案は、私たちのソーシャルメディアのハンドルであるツイッター(@MICKYNewsOz)で共有することができます。

読む  Reworked Sonaは、League Patch 11.16のARAMで最も高い勝率を誇る。