リンダ・サランとジョディ・キングは今どこにいる?

リンダ・サランとジョディ・キングは今どこにいる? YvCCMR 1 1

ロードアイランド州では、ウェスト・ワーウィックにあるナイトクラブ「ステーション」が火災に遭い、壊滅的な被害を受けました。この事件では、100人が亡くなり、230人が重傷を負いました。48時間テレビ」。48 Hours: The Station Nightclub Fire: Who’s Responsible?」は、この悲惨な悲劇を記録し、さらには生存者へのインタビューを行い、あの恐ろしい夜の体験を語っています。リンダ・サランさんとジョディ・キングさんは、この番組に出演し、火事とそれが自分の人生にどのような影響を与えたかを、直接語ってくれました。現在、リンダさんとジョディさんはどうなっているのでしょうか。

リンダ・サランとジョディ・キングとは?

ステーション・ナイトクラブの火災で、ジョディ・キングは、兄弟を失うという恐ろしい経験を強いられた。ジョディの兄、トレイシーは、ナイトクラブの用心棒として働いており、2003年2月20日に突然火災が発生したときも勤務中でした。ジョディは、午後11時35分頃にナイトクラブに到着したが、その時にはすでに壁や屋根が崩れ落ちていたと述懐している。その時にはすでに壁や屋根が崩れ落ちていて、負傷者や死者が店の周りに転がっているという恐ろしい光景を目の当たりにした。逃げ遅れた人もいたが、トレーシーはどこにもおらず、ジョディは次第に兄の死を実感するようになっていった。

mol9GiwNSeD2k5oIIhldE7P7P3nrNJtpnZ 7UvDzNo 2 4

一方、リンダ・サランさんは、ナイトクラブでバンドの演奏を見ていたところ、ツアーマネージャーのダニエル・ビーシェルさんが花火を打ち上げました。リンダ・サランはステージ近くの壁が燃えるのを見て、火の海から逃げようとする数百人の中にいました。リンダはなんとか施設から脱出したものの、全身の34%に火傷を負い、重傷を負いました。すぐに治療が必要で、病院に搬送されました。

リンダ・サランとジョディ・キングは今どこに?

弟を亡くしたジョディの悲しみは計り知れませんが、オーナーのマイケルとジェフリー・ダーデリアンだけが悪いわけではないと感じているようです。ジョディは、弟のトレイシーがダーデリアン兄弟と親交があったことに触れ、「48時間テレビ」をきっかけに兄弟が自分たちの言い分を語ってくれたことをうれしく思っています。

悲劇以来、ジョディは兄の死を受け止めようとしており、胸にトレイシーの顔のタトゥーを入れているほどです。また、共同経営者とともに、火災で被害を受けた人々の子供たちに大学の奨学金を提供する「ステーション教育基金」を立ち上げました。ジョディは「48時間テレビ」に出演して自分の経験を語ったものの、人目を避けてプライベートな生活を送ることを好んでいます。

1TdcwmRlNTYRF qKnAH 3 5

一方、リンダ・サランさんは、数週間にわたって医学的に昏睡状態に置かれた後、困難なリハビリテーションを受けることになり、苦しい回復を強いられました。重度の火傷からは何とか回復したものの、体に刻まれた無数の傷跡は、あの運命の夜を忘れさせることはありませんでした。リンダは、ダーデリアン兄弟が自分たちの行動に責任を持たなかったと考えている。彼らは謝罪はしたが、決して許すことはできないとリンダは言った。「彼らは謝罪したとは言ったが…一度も『私たちが失敗した』とは言わなかった。近道をしてしまった。私たちは失敗しました。と言ってくれたら、私はすぐに彼らを許すでしょう。

現在、リンダはプライバシーのある生活を好み、私生活を封印しています。しかし、現在は結婚しており、家族や恋人と幸せな生活を送っているとのこと。さらに、自分の火傷を隠そうとせず、自分の一部として受け入れていることを語っています。リンダさんの勇気と人生を歩む決意には素直に感動し、これからの彼女の幸せを祈ります。

読む  Psych 4』の発売日、プロット、キャストの詳細