レビュー The Protégé』には瞬間的な動きがあるが、マークを外してしまった

レビュー The Protege』には瞬間的な動きがあるが、マークを外してしまった PROrmF 1 1

この10年間、マーティン・キャンベルは最近の映画で復讐や陰謀のテーマを探求することに興味を持っています。これは「Edge of Darkness」(2010年)や「The Foreigner」(2017年)に顕著で、これらの作品では、大切な人の死に責任がある人物に対して、主人公が個人的な復讐を行うことを扱っています。同じテーマの魅力は「The Protégé」でも継続しており、復讐を求める男性の主人公ではなく、最新作では一転して女性の主人公を起用しています。

その女性主人公とは、マギー・Qで、契約殺人者のアンナを演じています。彼女はムーディ(サミュエル・L・ジャクソン)の指導の下で育てられ、訓練を受けてきました。ムーディは、彼女がまだ子供の頃にベトナムで彼女を助けた父親のような存在でもあります。しかし、ある夜、ムーディが自宅で殺害されているのを発見した彼女は、その犯人を突き止めることを決意する。その結果、彼女は暗い過去を持つために戻りたくないベトナムにたどり着く。そこで出会ったプロの殺し屋レンブラント(マイケル・キートン)とは、アンナが古書や希少本を売る店主として副業をしていた時に知り合ったのがきっかけだった。

リチャード・ウェンクが脚本を担当した「The Protégé」は、彼の脚本の多くを悩ませるいつもの欠点に悩まされている。つまり、潜在的な可能性を秘めているにもかかわらず、中途半端で中途半端な結果になっているのだ。例えば、「イコライザー」の2作品や「ジャック・リーチャー」のように、彼の脚本は精彩を欠いている。ネバー・ゴー・バック」。こんなことは言いたくないが、「The Protégé」でも同じ問題が繰り返されている。この作品は単なる復讐劇ではなく、マギー・Qが女性版の「ジョン・ウィック」のように大暴れすることを期待しているのであれば、残念ながら期待はずれとなるでしょう。

この作品は、陰謀に満ちたストーリーの層を埋めようとしています。しかし、それは真に興味をそそるものではなく、むしろ水増しされた物語構造である。プロの殺し屋の視点から、陰謀と動機の迷宮のような世界を主張しようとしすぎているかのようだ。ある部分では、アンナとレンブラントの関係の変化を探ろうとしており、率直に言って、その可能性はあるのだが、中途半端なアイデアに終わっている。マギー・Qとマイケル・キートンが画面上で良い瞬間を共有しているにもかかわらず、ウェンク監督の中途半端な脚本に負けてしまっているのは、実に残念なことだと思います。

テンポも問題で、頻繁に止まる勢いのために説明が多くなってしまうのです。これは「エッジ・オブ・ダークネス」や「異邦人」でも同じようなことがありましたが、どちらの作品も重くなりすぎました。

しかし、だからといって「The Protégé」が全くの失敗作というわけではありません。前述の2作品と同様に、マーティン・キャンベルはアクションシーンを十分な勢いで演出する方法を熟知しています。昨今のアクション映画によく見られる、手ぶれカメラの美学や、いわゆるジャジーな早回しの編集はここでは見られない。その代わりに、セカンドユニットの監督ディアン・フリストフ(「スキン・トレード」、「ヒットマンズ・ボディガード」、2019年の「ヘルボーイ」リブート版)の助けを借りて、アクションをメリハリのあるスタイルで演出している。言い換えれば、アクションは推進力があり、キャンベルがCGIに大きく頼るのではなく、より実践的なスタントを好んでいるのも助けになっている。

実践的なスタントといえば、「Fantasy Island」や「Death of Me」で目立ってしまったマギー・Qが再び活躍しているのは嬉しいことです。ここで彼女は、私たちの多くがマギーQに慣れ親しんできたおなじみの役柄になりきっています。それは殺人者を演じることで、テレビの「ニキータ」で彼女がいかに手袋のようにフィットしていたかを即座に思い出させてくれます。同様に、彼女はほとんどのスタントを自分でこなしており、その肉体的に厳しい役柄はまさに圧巻です。それだけではありません。キャンベルは、アクションを伴わない場面でも、彼女がドラマチックな演技をするための十分な余地を与えています。

本作で主演を務めるマイケル・キートンはレンブラント役でカリスマ的な演技を見せ、サミュエル・L・ジャクソンはムーディ役でなかなかいい仕事をしている。しかし、ビリー・ボーイ役のロバート・パトリックは、悲しいほどに損をしている。彼はモーターサイクル・クラブのギャング・リーダーを演じており、ムーディやアンナと何らかのつながりを持っていますが、映画はそのことを言葉でほのめかすだけで、きちんと説明しようとはしません。

The Protégé」には、マーティン・キャンベルの監督としての力量を示すいくつかの瞬間があるものの、この映画は機会を逃したままです。

評価:2.5/5

読む  ケビン・アンダーソンは見つかったのか?ネドラとジム・レムケの犯人は今どこにいるのか?