ロサンゼルス・ティーブスは、TJHaLy、John、Venomと別れました。

ロサンゼルス・ティーブスは、TJHaLy、John、Venomと別れました。 IXOVMAOMV 1 1

Los Angeles Thievesは、2021年のCall of Duty Leagueシーズン中に一度はチームでスタートしたJohn、TJHaLy、Venomの離脱を発表しました。

TJHaLy選手は8月28日に無制限フリーエージェントであることを発表しましたが、John選手とVenom選手は記事掲載時点で契約状況を発表していません。2019年10月にOpTic Gaming Los Angelesと契約し、昨オフシーズンにフランチャイズ枠が100 Thievesに売却されてもチームに残ったTJとは異なり、VenomとJohnは今シーズン中にLATと契約した。

トゥール_1

WestRの一員として北米Challengersサーキットで成功を収めたVenomは、3月22日にThievesに加入し、ステージ2の前にすぐにTempと交代してスターティングラインナップに加わりました。

ステージ2とステージ3のメジャー大会で6位以内に入り、ステージ4のグループ戦では1勝2敗でスタートした後、ThievesはVenomとDrazahを下げ、SlasheRとHukeを起用しました。ヴェノムは残りのシーズンをEastRのチャレンジャーにレンタルしていました。彼のチームは北米ファイナルでベスト8に入りました。

関連記事 Call of Duty League rostermania: 2022 CDL プレシーズン

CoDのワールドチャンピオンやMVPに輝いたこともあるジョンは、シーズンの最初の5ヶ月間をチャレンジャーで過ごした後、ステージ5のグループプレイでCDLデビューを果たしました。OpTic Chicagoに勝利するなど、グループプレーで3勝2敗の成績を収めるのに貢献しましたが、ジョンとThievesはまたしてもトップ6入りしてStage Five Majorから脱落しました。また、CDL選手権では唯一の敗戦を喫し、ベスト8という成績でシーズンを終えました。

これらのリリースにより、ThievesのロスターにはDrazah、Kenny、SlasheR、Hukeが加わりました。

読む  呪術廻戦」最新情報:禅院一族はどうなるのか?