ワンピース」チャペル1025の発売日、ネタバレあり。ルフィがついにワノ国に到着!大和、桃之助と共にカイドウと対決

1

盛り上がってきたところで、尾田栄一郎が急遽休載し、『ONE PIECE』第1025章の公開が遅れることになった。ワノ国での戦争は、ルフィの登場により、刻々と激しさを増しています。

突然の休載の理由は明らかにされていませんが、幸いなことに、休載は短いものになりそうです。TwitterユーザーのWSJ_Mangaが休載を発表し、休載明けには、大和がルフィの助けを借りてカイドウと戦う様子が描かれる予定です。

発表によると、この漫画は来週の週刊少年ジャンプ42号で休載するとのこと。週刊少年ジャンプ42号で休載。

発表によると、この漫画は来週の週刊少年ジャンプ42号で休載し、43号から予定通り再開するという。43.

さて、漫画が再開されたら、ヤマトが父親の能力に匹敵するようになった後、何が起こるのでしょうか?ありがたいことに、RedditユーザーのGyrozepp95さんが、次の章のリーク情報の第一弾を公開してくれました。

警告。以下の内容はネタバレを含んでいます。自己責任でお読みください。

ONE PIECE 第1025章のタイトルは 双子のドラゴンのイメージ に決定。このタイトルは、尾田が数年前に訪れた東山の建仁寺にある小泉純作の「双龍」に関係しています。

ルフィは、高所恐怖症のモモの背中を押して飛ばそうとする。2人が戦いの場に戻ると、海堂と大和は戦いを続けていた。

モモは目をつぶって飛んでいたため、屋上に直接行くかどうかわからない。その後、鬼ヶ島のドームに頭をぶつけて上へ急ぐ。

ここからいよいよルフィはカイドウと再び向き合い、ギア4「ジェットカルベリン」で攻撃を開始する。ヤマトも引き続き父親にぶつける。

ルフィとヤマトが同時にカイドウを攻撃すると、モモがドラゴンの姿で戦いに加わります。その後、モモとカイドウは、この写真のように、ドラゴンの姿で対峙することになります。

『ONE PIECE』第1024章では、ヤマトの幼少期の姿が大きく描かれています。

「ONE PIECE」第1024章では、ヤマトの幼少期が描かれ、カイドウとの一騎打ちに臨む様子が描かれています。

別の場所では、大怪我から回復したゾロが、サンジを助けてキングとクイーンに立ち向かっていた。戦いは麦わらの一味に有利になり、勝利を暗示している。

しかし、戦争はまだ終わっておらず、ルフィはカイドウを倒すためにさらなる努力をしなければならない。モモとヤマトを味方につけたルフィは、ついに獣の海賊団船長を倒すことができるのか?ワンピース」第1025章は9月19日(日)に公開されます。

読む  Facebook、Oculus Quest上で広告をテスト