ワンピース」第1037章公開日、ネタバレ。ルフィがカイドウを倒すまであと少し

ワンピース」第1037章公開日、ネタバレ。ルフィがカイドウを倒すまであと少しQEoLcn 1

ワンピース 第1037章がついに公開!ルフィとカイドウの再戦を描く。みんなが笑って楽しい時間を過ごす、すべてが良い形でスタートします。

シュロンハッケ」と題された「ワンピース」第1037章の表紙は、ヴィンスモーク、ジャッジ、イチジ、レイジュの4人が描かれています。ここから、最初のコマが公開され、花の都が描かれています。

最近の見どころは、灯篭流しに願い事を書いて、みんな楽しそうにしているところです。続いて鬼ヶ島城では、海堂とルフィが一騎打ちを続けています。

海堂は酒樽で酒を楽しみ、ルフィはいずれ酔いつぶれるだろうと思う。そうなるともう戦いに全力は出せない。

しかし、海堂にとって、戦いに酔うということは、ルフィを 立派な相手 として認めることなのだ。カイドウには、酔って戦うモードが3つある。悲しい酔い方」「泣く酔い方」「怒る酔い方」。

ここからは、それぞれの個性的な能力で戦うことになる。海堂はハイブリッド状態のまま、すでに鬼ヶ島を半分ほど破壊している。

ルフィは左手で敵の金棒を止め、足を伸ばして海堂の腹にぶつける。血を吐き、目を白黒させるカイドウは、『ONE PIECE』1037章で彼の最期を見ることになるのでしょうか。

そしてネタバレは、ゴロツキが存在する場所の紹介に入ります。レヴェリーについてや、呪いのようなものであること、ワノ国で起きている出来事について語られます。

ロビンはすでに逮捕されたかもしれないと思いつつ、海堂と戦う人が最後までいるとは思っていないようです。そして、ワノ国の近くに世界政府の艦隊が映し出され、巨大な影が迫ってくる。

五郎清が誰なのか尋ねると、島のようだと言う。次のシーンでは、あの「悪魔の実」が目覚めてからもう何百年も経つのかと、五郎清が汗だくになるシーンが描かれている。

実はすでに伝説とされているのだが、世界政府はわざわざ二つ目の名前をつけている。巨大なショーはズネイシャ、ではゴロセイが言っていた果物は何なのか?

一方、ルフィとカイドウの戦いに話を戻すと、ルフィの体力が落ちてきており、麦わら海賊団の船長に倒すチャンスを与えている、とOtakuKart Newsは伝えている。カイドウはすでにリードパフォーマーを失っており、この戦いはカイドウ一人のものとなっている。

両者の戦いは続き、フーガと六輝が攻撃を交わす。サムライはカイドウの部下をなんとか押さえるが、CP0は別の計画を立てている。

この戦争でサムライと麦わら帽子が優位に立った今、カイドウたち獣人海賊団を倒すのに有利になる。ワンピース 第1037章は1月17日(月)に配信される予定です。

読む  情報源 カーズィーはMADライオンズの契約更新の選択肢を検討しており、11月にフリーエージェンシーに入る可能性がある。