ヴァニタスのカルテ』第11話「期待することは?

ヴァニタスのカルテ』第11話「期待することは? ol01J4l 1 1

ヴァニタスの場合」は、望月淳の同名漫画を原作としたファンタジーTVアニメである。一見普通の男であるヴァニタスは、青い月の吸血鬼が長年の迫害と憎しみのために自分の種族を罰するために書いた「ヴァニタスの書」と呼ばれる伝説的な魔道書を受け継いでいる。しかし、赤い月の吸血鬼であるノエ・アーキヴィストを伴った自称吸血鬼の治療者たちは、この呪われた書物を使って吸血鬼を悩ますすべての病を取り除きたいと考えていた。アニメは2021年7月3日にスタートしました。今回は、その次回作についての情報をご紹介します。

バニタスのカルテ 第11話公開日

バニタスのカルテ」第11話のタイトルは「約束」で、日本では2021年9月11日に初放送される予定です。東京MX、GYT、GTV、BS11、MBS、CBC、HBC、RKBの各局で放送される。このファンタジーアニメは、スタジオ・ボーンズが開発し、板村友幸が監督、三重野瞳が脚本を担当しています。中山智代さんがキャラクターデザイン、梶浦由記さんが音楽を担当しています。オープニングテーマ「空とうつろ」はSasanomalyが、エンディングテーマ「0(ゼロ)」はLMYKが担当しています。

Vanitas no Karte シーズン1をオンラインで見るには?

ヴァニタスのカルテ」は、アジア以外の視聴者はFunimationでストリーミング視聴できます。北欧諸国の方はWakanimで最新のエピソードを見ることができます。また、Huluのカタログにもこのシリーズが掲載されています。

バニタスのカルテ 第11話ネタバレあらすじ

第10話では、味方を引き連れたヴァニタスが、秘密の通路を通ってようやくモローの旧研究所にたどり着く。しかし、自称吸血鬼の癒し手であるヴァニタスは、自分の身の安全を確保するためにシャスールを連れてきたと主張し、かつての知り合いに少しでも信頼を与えようとしていた。その結果、モローは親しげに話し始めた。

しかし、恩人の名前を聞き出そうと何度も努力したが、ねじ曲がった科学者は何も答えようとしないので、行き詰まってしまう。結局、ノエはモローに襲いかかり、モローは自分を守るために複数の目を持つ生物を放った。その後、両者の間で激しい戦いが繰り広げられ、大混乱に陥る。

黒い煙のような怪物があらゆるものを食べ始めたとき、ヴァニタスとノエは怪物の口に飛び込み、その原因となっている呪いの持ち主を治すことで怪物を止めます。しかし、モローとの戦いに勝利したと思われたその時、一連の爆弾がコンプレックス全体を破壊してしまう。興味深いことに、モローを守っている複眼の存在がルースベンに報告していることが明らかになる。第11話では、モローとルースベンの関係が明らかになる。一方、ヴァニタスとノエは、呪いの担い手たちについて衝撃的な事実を知ることになる。

読む  AntlersはNetflix、HBO Max、Hulu、Primeで配信されていますか?