ヴィジョン・ストライカーズのスタックスは、VCTマスターズ・ベルリンで最も高いヘッドショット率を記録しました。

ヴィジョン・ストライカーズのスタックスは、VCTマスターズ・ベルリンで最も高いヘッドショット率を記録しました。 qIEKfA 1 1

VCTステージ3。マスターズ・ベルリンでは、最も正確で印象的なVALORANTプレイヤーたちが、本来の姿で競い合いました。スキルレベルの些細な違いが、最高レベルのプロを分けていますが、優れたプレイヤーを際立たせる最大の差別化要因はヘッドショット率です。

ヘッドショット・パーセンテージとは、プレイヤーが放ったショットのうち、何本がヘッドショットとして登録されたかを計算するスタッツです。平均して、VALORANTプロのショットの4分の1が相手プレイヤーの頭に当たっています。

VCT Masters Berlinで100ラウンド以上参加したVALORANTプロの中で、ヘッドショット率が最も高かったのは、Vision StrikersのStax選手でした。VALORANTの統計サイトVLR.ggによると、144ラウンドのプレイでStax選手は34%のヘッドショット率を記録しました。Vision Strikersのトーナメントが終了した後、Staxは103/88/49の最終スコアラインでVCT Masters Berlinを終え、トータルKDAは1.72となりました。

SuperMassive BlazesのPaura選手とF4QのEsperanza選手は、Stax選手よりもラウンド数が多かったものの、ヘッドショットの割合が33%と、Stax選手の34%という数字にはギリギリ届かなかったようです。ベルリン・マスターズで優勝したGambit EsportsのNats選手は、ラウンド数とヘッドショット数の比率が最も高かった選手と言えます。VLR.ggによると、Nats選手はベルリンで開催されたGambitのMasters Berlinで306ラウンドすべてをプレイし、ヘッドショットの割合は31%でした。

VCTは、12月2日にベルリンで始まるVALORANT Champions 2021で今年の後半に終了します。

読む  Halo Infinite」は2021年9月に登場すると噂されている