元MomolandメンバーのDaisyがMLD Entertainmentに一部勝訴、数百万円の支払いへ

元MomolandメンバーのDaisyがMLD Entertainmentに一部勝訴、数百万円の支払いへX6sCgNvF 1

ソウル中央地方裁判所は、元MomolandのメンバーであるDaisyがMLD Entertainmentを相手に起こした訴訟について、Daisyを支持する判決を下しました。一部勝訴ではありますが、最終的には未払い金の返還が行われます。

ソウル中央地裁は、デイジーの本名であるアン・ユジョンに79,260,000ウォン(66,382ドル)を支払うよう判決を下しましたが、追加で1,000万ウォンの損害賠償を求める彼女の要求には応じませんでした。

MLDは、リアリティ番組 Finding Momoland の成功を受けて、2016年7月に新ガールズグループ「Momoland」を立ち上げました。デイジーは番組中に脱落したものの、2016年9月に音楽レーベルと契約した後、2017年4月にグループに参加しました。

当時、MLDは番組の制作費を支払うべきだとして、彼女の収入から約6,600万ウォンを差し引きました。このシリーズの総制作費は、10人の出場者に均等に分配されたとAllKpopは指摘している。

そこでデイジーは、契約前に発生した費用のために収入の一部を差し控えたとしてMLDを訴えた。裁判所は彼女の主張に同意したわけです。

契約は、別段の定めがない限り、署名された日から有効である と説明しています。この契約には「pre-debut」という言葉もあり、原告が契約に署名したときから実際のデビュー日までを指していました。

また、このような行為がエンターテインメント業界で通常行われていたことを証明する「合理的な疑いを超える証拠」がないことも強調しました。

また、裁判所は、MLDがアーティストに支払っていない1300万ウォンをデイジーに支払うよう命じました。

また、MLDはデイジーに対し、「メンバー選考プロセスを操作した」と虚偽の告発をしたとして、法的措置を取ったとKorea Timesは伝えています。すべての始まりは、歌手が「Finding Momoland」を 詐欺的 だと主張したことでした。

2020年9月のKBSとのインタビューで、ラッパーは事務所が投票を操作して視聴者を騙していると非難しました。さらには、最終選考で落選した後も、すでに同社からグループへの参加を誘われていたことを暴露した。

当時、彼女はMLDが自分のための計画を持っているので、将来を心配しないようにと言ったことを明かしました。デイジーは、番組の制作費としてグループのメンバーからお金を集めていたと主張しています。

その後、MLDは公式声明を発表し、彼女の疑惑をすべて否定しました。

その後、MLDは公式声明を発表し、デイジーの主張を否定しました。また、デイジーが電話を受けたのは、CEOが彼女の可能性を見抜いたからで、残留のオファーを受けたのだと説明しています。

読む  映画「進撃の巨人」最新情報:リヴァイが生きている理由はこれだ