忘れられた戦いはどこで撮影されたのか?

忘れられた戦いはどこで撮影されたのか? 73g67IRW 1 1

オランダのマタイス・ファン・ヘイニンゲンJr.監督が、第二次世界大戦中の3カ国語による戦争ドラマ「忘れられた戦い」(原題:De Slag om de Schelde)で、不吉な雰囲気を醸し出している。この切なく感動的な物語は、戦争という力によって結ばれた遠い人生のタペストリーである。戦争末期、英国空軍の訓練生であるウィリアム・シンクレアと彼のチームは、不時着した後、紛争地域を突き進んでいた。また、ゼーラント州に住む公務員のテウンチェ・ヴィッセルは、反抗的な兄を救うために、知らず知らずのうちにレジスタンスの一員となっていた。

オランダの軍人マリナスは、ベルクホフ親衛隊長の指揮の下、枢軸国に協力するが、邪悪な戦争の機械を前にしてジレンマに陥る。物語の舞台となるのはオランダ最西端のゼーラント地方で、そこにあるシェルト川の河口が、展開する危機の重要なポイントとなる。しかし、この映画がどこで撮影されたかを知りたい方のために、その目的地をご案内しましょう。

忘れられた戦い』の撮影地

The Forgotten Battle」は、オランダ、ベルギー、リトアニアの周辺で撮影されました。主な撮影は2019年秋にリトアニアで開始されました。そこで撮影を終えた後、スタッフは2019年11月25日にオランダとベルギーの国境沿いで制作の第2部をキックスタートさせました。1600万ドルの制作費を投じた本作は、オランダ領内で制作されたプロジェクトの中で、2番目に費用のかかるプロジェクトでもあります。それでは早速、この映画が撮影された具体的な場所をご紹介しましょう。

リトアニア

撮影の大部分は東欧の国、リトアニアで行われました。ゼーラント州のスローダムは、ウォルヘレン・コーズウェイの戦いで重要な役割を果たしたことから、物語の中で重要な位置を占めています。しかし、1961年に建設されたヴェールズ・ガットダムによって、スローダムとその周辺は大きく変わってしまった。当然、時代考証には細心の注意が必要であり、監督はリトアニアの別の場所で撮影することにした。このダムは撮影のためにリトアニアに一から建設されたものである。

aA0cwn4RV5x5TC1QZqvb QrGeIp 2 4

ゼーラント(オランダ

映画のストーリーのほとんどは、人口の少ないオランダ最西端のゼーラント州で展開されますが、監督は現実に近い形を保つために、いくつかの実際の場所を見せる必要がありました。シーンは、ゼーラント州の州都であるミデルブルグで撮影されました。一部のシーンは、旧ワルヘレン島のシェルト川河口にある古い港町、ヴリッシンゲンで撮影されました。ヴリッシンゲンは戦略的に重要な位置にあるため、オランダの貿易と植民地の歴史において重要な役割を果たしてきました。

sVzFV7L6201P9MAoq vLVaW 3 5

撮影は、同州のライン・ムーズ河口のグレヴェリンゲン地区にあるオランダの町、ブローワーシャベンでも行われました。さらに、ウォルヘレン州のヴェールという自治体や、歴史あるゼーラント州フランドルの西に位置するスルスという街、そして近くのシント・アンナ・テル・ミューデンという街でも撮影が行われました。

ベルギー・リンブルフ州

映画の中で描かれている戦いは、オランダとベルギーの国境で起こっており、監督はいくつかのシーンを撮影するためにチームを隣国に連れて行きました。フランダース地方を構成するオランダ語圏の5つの州のうち、最東端に位置するリンブルフ州とその周辺で撮影が行われた。また、ベルギーのフランドル地方にあるリンブルフ州の自治体であるシント・トリデンでも撮影が行われました。また、一部のシーンはリンブルフ州の州都ハッセルトでも撮影されました。

eRE6xhquCnRLf 7zo8DRi2q 4 6
続きを読む 史上最高の第二次世界大戦映画

読む  The Family Chantel」は台本なのか現実なのか?