映画「進撃の巨人」最新情報:リヴァイが生きている理由はこれだ

映画「進撃の巨人」最新情報:リヴァイが生きている理由はこれだhMs06 1

漫画『進撃の巨人』が完結し、アニメのファイナルシーズンも2クール目に突入した。

「進撃の巨人」の漫画は終了しましたが、アニメは2クール目に入りました。

Attack on Titan は、主要なキャラクターからマイナーなキャラクターまで、数多くの死を経験してきました。

「進撃の巨人」では、主要なキャラクターからマイナーなキャラクターまで、数多くの死が描かれてきましたが、ファンに愛されているキャラクターであっても、その死を恐れることはありません。

Comicbookによると、漫画家は当初、リヴァイを殺したいと考えていましたが、後になって考えを改めました。彼は別の物語の結末を持つことになっていて、それは彼のキャラクターの選択肢の一つだったのです。

諫山は、リヴァイが死ぬ話があってもいいと言っていました と川久保さん。

諫山は、リヴァイが死ぬ話をしてもいいと言っていました。

「リヴァイが死ぬ話をしてもいいと諫山が言っていましたが、どう考えてもやめた方がいいと思い、キャラクターを殺すたびに諫山と打ち合わせをしていました。

だから、リヴァイの死の話になっても、漫画家自身は、人類最強の兵士との別れを正当化する理由がないと考えていた。

リヴァイの顔を見て、諫山は考え直した というのです。

だからこそ、リヴァイは「進撃の巨人」のフィナーレで、死ぬと思われながらも生き残ったのである。いずれにしても、彼は無傷では済まない。

彼はすでに死の淵に立たされており、ジークとの戦いで重傷を負い、大きな怪我を負った。リヴァイはそれを一切気にせず、ただエルヴィンの構想を実現するための戦いを続けた。

一方で、アニメの漫画化について、アニメのプロデューサーである木下哲也氏は、その全ストーリーを適応して小さなスクリーン上ですべてをフィーチャーすることはできないと認めた、とCBRは指摘しています。

木下氏は以前、アニメ化すると言っていましたが、当時は漫画がどれくらいの長さになるのかわからなかったそうです。

以前、「全部アニメ化する」と言っていたものの、当時は漫画の長さもわからず、アニメ化が現実的かどうかもわからなかったそうです。

アニメがほぼ完成した今、「最後まで頑張ります」と誓う。

また、世界中のファンへの感謝の気持ちを込めて、「ファンからのメッセージはすべて読んでいます」と語ってくれました。

そして、世界中のファンから寄せられたメッセージを読んでいます。

このようなメッセージは、アニメが成長していく上で勇気を与えてくれるものであり、この時間を共有していることを実感しています。

Attack on Titan」シーズン4は現在、Hulu、Crunchyroll、Funimationで配信されており、第2コートは2022年に公開予定です。

YTUB_1

読む  ナデシコ。誰もがあなたに今すぐ勝ってほしいと思っていますが、北米の才能ある選手を出場させ、若い選手にチャンスを与えることも望んでいます」。