漫画終了から5年後の「BLEACH」ワンショットスペシャルが登場

漫画終了から5年後の「BLEACH」ワンショットスペシャルが登場LgJ58Wv0 1

5年ぶりに久保帯人氏が「Bleach」20周年記念の特別ワンショット作品を発表します。

5年ぶりに久保帯人氏が「BLEACH」の20周年を記念して、「死神」が登場します。

週刊少年ジャンプによると、久保さん自身が監修した「BLEACH」の新作が日本で発売されるとのことです。

「『BLEACH』は、週刊少年ジャンプ36・37合併号にて、20周年を記念した73ページの新特別編を掲載します」とのこと。

この発表を受けて、ファンの間では、一護の新たな物語に期待が高まっている。

Comicbookによると、この作品に関する追加情報は厳重に管理されているとのことです。

また、久保さんが取り組んでいるプロジェクトは、これだけではありません。

久保さんが少年ジャンプに戻って描いた「Burn the Witch」は、昨年アニメ化されました。久保氏は、2018年に始まったこの超自然的なタイトルには、さらに続きがあることを明かした。

Bleach は2001年にデビューし、最もベストセラーの漫画タイトルの一つとなりました。15年後、その物語は正式に終了したとScreenRantは指摘しています。

週刊少年ジャンプで連載されていた「BLEACH」は、他の人気漫画と同様に、窪田正孝氏が作画を担当。

この作品は、他のファンに人気のある漫画と同様に、週刊少年ジャンプで連載され、久保さん自身が作画を担当し、死神となった一護の物語を描いていました。

死神となった一護は、魂を死後の世界へと導き、悪霊と戦います。漫画は全74巻、686章で構成されています。

この度、一挙放送が決定したことで、第687章が公開されることになりました。

BLEACH」と同様に、「BURN THE WITCH」も久保さんの原作漫画と同じ設定になっています。

「BURN WITCH」は、「BLEACH」と同様に、久保さんの原作漫画と同じ設定で、いちごの世界が舞台です。

この2つの作品以外に、久保さんが取り組んでいるプロジェクトは知られていません。

この2つ以外に、久保さんが取り組んでいるプロジェクトはありませんが、特別な漫画に加えて、20周年を記念して新たなアニメ化が予定されています。

その内容は、これまでに制作されたことのない、シリーズの最終章である「千年戦争」を描いたものです。

このアニメは、これまでに制作されたことのない「千年戦争」を描いたもので、単発作品と同様、詳細は明らかにされていません。

いずれにしても、日本だけでなく、洋の東西を問わず高い売上を達成したこのシリーズは、世界的な人気を証明しています。

いずれにしても、日本をはじめ、洋の東西を問わず高いセールスを記録したこのシリーズは、世界的な人気を証明しています。

今回の再演では、残念な最終回を経て、新たなストーリーを正当に表現してくれることを期待しています。

この「BLEACH」ワンショットスペシャルは、週刊少年ジャンプ36/37号に掲載され、8月10日に発売される予定です。

YTUB_1

読む  ジャンカルロ・エスポジート、「Far Cry 6」でアントンはヴィランではないと語る