父性愛の続編はあるのか?

父性愛の続編はあるのか? KyIsF0ItM 1 1

Fatherhood」は、妻の突然の死後、幼い娘を一人で育てようとするシングルファーザーの心温まるストーリーです。この映画では、シングル・ペアレントの落とし穴や、仕事と恋愛のバランスを取りながら娘のそばにいることを徹底する父親の苦悩が描かれています。映画は幸せな雰囲気で幕を閉じますが、父娘の旅はまだ終わっていません。では、「Fatherhood」の続編では、マットと娘のマディが成長していく過程での愛に満ちた旅をもっと見ることができるのでしょうか?それを確かめてみましょう。

Fatherhood」続編の公開日

Fatherhood」は2021年6月18日にNetflixでプレミア配信されました。この映画は、マシュー・ローゲリンが書いた「Two Kisses for Maddy.A Memoir of Loss and Love」という回顧録を基にしている。この映画は、マシュー・ロゲリン氏の「A Memoir of Loss and Love」という回想録を基にしています。この回想録では、マシュー氏がシングルファーザーとして乳児の娘を育てた経験が語られています。この映画では、父と娘の関係を決定づけるような、人生の中の特別な時期に焦点を当てています。

マシュー・ローゲリンと彼の娘は、彼が本を出版して以来、間違いなく興味深い旅を共にしてきましたが、彼の心のこもった物語のハイライトは、マシューが妻の死に苦悩しながら一人で娘を育てた、娘の重要な幼少期にあります。クリス・ガードナーが幼い息子を育てながら貧困と闘った1年間を描いた「幸せの追求」や、全く異なる内容でありながらさらに短い期間を描いた「127時間」など、同様の伝記映画では、その人にとって決定的な出来事や時間に焦点が当てられています。

このような映画に続編が作られることはほとんどありません。したがって、「Fatherhood」の続編が作られる可能性は極めて低いでしょう。私たちは、登場人物の人生の中でおそらく最も信じられないような試練の時を見てきたのですから、それに比べれば、彼らに関するさらなる物語はそれほど劇的なものではないでしょう。大人気の伝記物語は、何度も映画化されることがありますが、それぞれの作品のアプローチは、伝記をもとにした前作の続編を作るのではなく、別の視点から物語を見ていくのが一般的です。

Fatherhood」の中心人物は、ケビン・ハートが演じるマットです。彼の娘のマディは、新生児から5歳くらいまでの間、複数の女優がその役割を果たしていますが、その大部分はメロディ・ハードが演じています。脇役には、マットの恋敵であるリジーa.k.a.スワン(デワンダ・ワイズ)、亡き妻リズ(デボラ・アヨリンデ)、友人のジョーダン(リル・レル・ハワリー)とオスカー(アンソニー・キャリガン)、義母のマリアン(アルフレ・ウッダード)とその夫マイク(フランキー・フェイソン)がいる。

万が一、「Fatherhood」の続編が製作されることになれば、ケビン・ハートが再び演じることになるでしょう。しかし、続編がマットとマディの人生の別の時点をベースにしたものであれば、継続性の観点から、ハードがマディ役に戻ることはないだろうと思われる。スワン、マリアン、マイクのような他のキャラクターが戻ってくるかどうか、そして彼らを演じるキャストは、続編がマットとマディの人生のどの時代、どの段階に焦点を当てるかによって全く異なる。マディの母親で、デボラ・アヨリンデが演じるリズが、「Fatherhood」の時のように、フラッシュバックのシーンで戻ってくる可能性は大いにあります。

Fatherhood」は、未亡人になったばかりの父親が、乳児の娘を全力で育てることを学ぶという、並外れた旅を描いています。

「Fatherhood」は、未亡人となったばかりの父親が、乳児の娘を育てるために最善を尽くすという素晴らしい旅を描いています。友人や家族が信じていることとは裏腹に、彼は忍耐強く、常に娘のことを最優先に考えることができます。

この映画の続編は、未来を舞台にしたものになる可能性が高く、マットはもっと年老いたマディと一緒にいて、大学進学を控えていたり、人生の重要な瞬間を迎えているかもしれません。また、続編では、マットが次女と一緒に登場し、二人の旅路を探る可能性もある。可能性は低いですが、「Fatherhood」の続編は、伝記的な内容にして、マシュー・ロゲリンと娘の人生を一緒に追い続けることも可能です。

読む  グッド・ウィッチ シーズン7 エピソード9:What to Expect?