私の人生を取り戻したい」。ブリトニー・スピアーズ、「虐待的な保佐人」の終結を嘆願

私の人生を取り戻したい」。ブリトニー・スピアーズ、「虐待的な保佐人」の終結を嘆願kVCZAD 1

ブリトニー・スピアーズが、2008年以来、彼女の人生を停止させている保佐人の件で沈黙を破ったことに注目が集まっています。

ファンの間では、父親のジェイミー・スピアーズが、裁判所から与えられた保佐権によって、彼女の意思に反して彼女の人生を拘束していると言われています。今こそ、ブリトニーが真実を語るには最適な時なのです。

この39歳のスターは、自由を求めて25分間の独白を行い、虐待的な保佐 と呼ばれる状態を終わらせるよう裁判所に要求しました。感情的になり、不満を募らせたヒットメーカーは、その背後にいるすべての人々を呼びました。彼女の父親を含む、この制度を施行した責任者は刑務所に入るべきだ と言いました。

ブリトニーのコンサベーションは2008年から実施されています。当時、彼女は精神疾患を患っており、自立できないと判断されていました。

The Guardianによると、ジェイミーの弁護士は、父親が彼女の保佐人として働くことで彼女の命を救ったと主張しています。

The Guardianによると、ジェイミーの弁護士は、父親が保佐人として彼女の命を救ったと主張していますが、ファンや#FreeBritney運動の支援者、さらには法律家や議会議員は、この協定の範囲を疑問視しています。

彼らは、彼女が何年も仕事やパフォーマンスをする能力を持っていること、例えば何度もラスベガスに滞在していることなどを理由に、保佐人の下にいることがもはや必要ないことを証明しているのです。

ブリトニーは、保佐人制度について、いくつかの衝撃的な事実を明らかにしました。それは、彼女が避妊具である子宮内避妊具を取り外せないことです。

また、5年間交際していたボーイフレンドのサム・アスガリさんと結婚することもできません。

また、5年間交際していた彼氏と結婚することもできません。「このチームは、私にこれ以上子供を産ませたくないから、子宮内避妊具を取り外すために医者に行かせてくれないのよ」と彼女は電話で話しているとBBCは伝えています。

ブリトニーはまた、トラウマになっていて毎日泣いていると明かし、ロサンゼルスの判事に「人生を取り戻したい」と語りました。裁判官が「落ち着いてください」と言うと、ブリトニーは「いつまでも電話をしていたい」と願い、いつも反対する人たちに囲まれた生活に戻らなくて済むようにしています。

その後、彼女は保佐を終わらせてほしいと願い、それを 恥ずかしくて屈辱的 と表現します。

その後、彼女は保佐人制度の終了を願い出て、恥ずかしくて屈辱的だ と表現します。

「私は否定されてきました。ショックを受けています。私はトラウマになっています」とブリトニーは続けます。私は幸せではありません。眠れないのよ。怒りで頭がおかしくなりそうよ。そして、落ち込んでいます。毎日泣いています」。

ブリトニーはまた、彼女が 良いことよりも悪いこと をしていると言っている保佐人を終わらせるための申立てを依頼できることを知らないと明かしています。

読む  Behaviour Interactive、「Dead by Daylight」の最も著名な殺人者と生存者を公開(これまでのところ