0.1mm精度の高精度3Dスキャナ「Revopoint POP 2

01mm精度の高精度3Dスキャナ「Revopoint POP 2 gCIDP 1 1

リボポイントは、0.1mmから0.15mmの精度のスキャンとプリント能力を持つ3Dスキャナーの最新バージョンと、双眼IRカメラを搭載したバージョンで帰ってきました。

昨年、Kickstarterでキャンペーンを行ったRevopoint Popは、初の3Dスキャン&プリントデバイスです。しかし、その価格は一般消費者には手が届かないものでした。

Revopointは、前バージョンからの批判を受け、あらゆる不満点を解消し、Revopoint Pop 2を開発しました。

Revopoint Pop 2は、より高い精度、より良い色彩効果、さらに優れた滑らかな操作性を目指して設計されています。3Dプリント、3Dデザイン、リバースエンジニアリングのための3Dモデルを簡単にキャプチャすることができ、さらに多くのことを行うことができます。

リボポイントポップ2」の一部機能

まず、3次元点群距離センシングにおいて、0.1mmと0.15mmをより正確にセンシングするためのBinocularマイクロ構造体ライトを搭載していること。

両端の赤外線カメラ2台をデュアルコアで制御。また、マイクロプロジェクターとRGBカメラにより、真の色を感知することができます。

01mm精度の高精度3Dスキャナ「Revopoint POP2」。 RrkQI 2 4

スキャンレートは10Hz FPS(1秒間に10フレーム)に保たれています。また、6自由度ジャイロセンサーを搭載し、より良い空間位置、滑らかさ、スティッチングエラーを低減しています。

手持ち操作と静止したターンテーブル操作の両方に対応できる2in1の特殊能力。

リボポイントポップ2は、すべての人のために作られた

Revopoint Pop 2は、コンシューマー向け製品として存続することを保証します。前作は消費者市場には不向きでしたが、今回のバージョンアップでは419ドルから579ドルという手頃な価格帯で、より多くの消費者をターゲットにした製品となっています。

デザインは、重く、電力を必要とし、ケーブルが何本もあるような複雑なものではありません。携帯型であるRevopoint Pop 2はノートパソコンにも対応し、5000mAhのバッテリーを搭載しているため、電源供給も容易です。

一言で言えば、この製品は3Dプリント技術の世界全体を変える力を持つことになります。2022年2月より、キックスターターの賛同を得て、世界規模での販売に注力する予定です。

本製品の詳細については、キャンペーンページをご覧ください。

読む  Google massive 6と6 proのリークで重要な仕様が判明