2021年第2四半期のグローバルPC市場はレノボがリード

2021年第2四半期のグローバルPC市場はレノボがリード xaFdO 1 1

レノボの販売台数は、2020年第2四半期の1,740万台から、2021年第2四半期には2,000万台を超える。

International Data Corporation(IDC)の最新レポートによると、今年の第2四半期にLenovoが世界で最も多くのノートブックコンピュータを出荷したことが明らかになりました。デスクトップ、ラップトップ、ワークステーションを含む2,000万台以上のパーソナルコンピュータを出荷しました。2位はHP、3位はDell、Apple、Acerとなっています。

世界的な部品不足にもかかわらず、昨年の第2四半期のPC市場全体の成長率は13.2%でした。さらに、サプライヤーも全体の成長に貢献しています。IDCの最新データによると、今年の第2四半期の世界のPC市場は しかし、昨年(2020年)の第2四半期に比べて13.2%増加しています。

世界のPC市場

2021年第2四半期のデスクトップ、ノートブック、ワークステーションの世界出荷台数は8,360万台でした。レノボのパーソナルコンピュータは2,000万台以上で1位。それゆえ、市場シェアは23.9%となっています。同様に1,800万台のシェアは24.5%と大きくリードしています。

2位のHPは1,850万台を出荷し、今年の市場シェアは22.2%。デルは1,390万台を出荷し、シェアは16.7%で、前年に比べて順位を維持しています。

それでは、2021年第1四半期の世界のPC出荷台数をご紹介します。

マルケトのシェア:1) レノボ:24%2) HP:23%3) @Dell: 17%4) アップル:9

Via @CounterPointTRhttps://t.co/RpPU0tIIQo #コンピューター pic.twitter.com/mzGpDPjtHs

– ピユッシュ・バサルカール (@IndianTech_1) 2021年7月12日

(英語

さらに、アップル社のコンピュータ出荷台数は、デル社のパーソナルコンピュータよりも610万台少ない。さらにそれに続くのがエイサーの608万台の出荷台数です。しかし、シェアは7.4%で、2020年第2四半期のシェア7.6%よりやや低い。シェアは7.3%となっています。

その他の企業の市場シェア

出荷台数は700万台で、市場の22.5%を占めています。一方、他のブランドは18を占めています。IDC Consumer and Mobile Tracking Research ManagerのJitesh Ubrani氏は次のように述べています。PC市場では、新規参入企業の出現など、重要な供給側の投資が継続して行われています。

不利な立場にあるグループのためのさらなる努力として、トップ5が成長を続ける中、小規模なサプライヤーは独自の機能やニッチなデザインを提供することで成長を高めています。

しかしながら、成長と発展は前2四半期に比べて減少しており、第4四半期には25.8%の減少が見られました。

2位はHPで、1,850万台の出荷台数と22.2%の市場シェアを誇ります。デルは1,390万台のデバイスを輸出し、市場の16.7%を占めると推定され、前年に比べて順位を維持しています。

2020年第4四半期の25.8%、2021年第1四半期の55.9%から、2021年第2四半期には13%となります。しかし、商業分野のニーズは引き続き期待できます。

IDCディスプレイ&イクイップメントグループのシニアアナリストであるNeha Mahajan氏は、この減少は以下の要因によるものではないかと述べています。 約1年間の積極的な政策の後、消費者の需要は減速しています。商用部門の需要は依然として有望である。

読む  READ: Audacity 3.0がスパイウェアになった