9インチ強磁性体ビジュアライザーを搭載したファンデルワールススピーカー。

9インチ強磁性体ビジュアライザーを搭載したファンデルワールススピーカー。 PF3fC 1 1

9インチの強磁性体ビジュアライザーを搭載し、超現実的なオーディオビジュアル体験を提供するファンデルワールススピーカーを発売します。

オランダの著名な物理学者でノーベル賞受賞者のJohannes Diderik van der Waalsにちなんで命名されました。ファン・デル・ワールスは、気体や液体の分子間の関係性を導き出した科学者です。

賛辞の気持ちを込めてデザインした製品です。NASAが開発した強磁性流体を、メーカーがロケット船の燃料噴射システム「ZERO Gravity」に採用することを計画している。

フェロフルイドは、どのようなオーディオビジュアル体験を提供するのでしょうか?

強磁性流体はその名の通り、鉄粉がたくさん入っています。鉄の磁性を利用し、その中のアルゴリズムが提供する磁場の助けを借りて、流体を任意の形状にすることができます。

9インチ強磁性体ビジュアライザーを搭載したファンデルワールススピーカー。 lImhLj 2 4

ファンデルワールス磁性流体スピーカーは、人工知能を利用してリスナーの気分を理解します。アルバムや音楽のジャンルが変わると、スピーカーが中の磁性流体でシュールな体験を提供します。

また、スピーカーには豪華なLEDライトが搭載され、聴く人の好みに合わせて完璧なムードを演出します。同社はKickstarterで「音楽を聴くだけでなく、見ることができるスピーカー」とアピールしています。

ファンデルワールススピーカー 音質と特徴

完璧を極めた音質を提供することを確認しました。ファンデルワールススピーカーは、究極のサラウンドサウンドを実現するために、最高のスピーカーを使用しました。

レシーバーは、ワイヤレス技術で業界をリードするクアルコム社から供給されています。また、DSPとサウンドアンプは、半導体業界のテキサス・インスツルメンツから供給されています。

Van der Waals Ferrofluid Speaker ファンデルワールス磁性流体スピーカー|電子書籍ストア「BookLive n41B2 3 5

その他の機能として、Van Der WaalsスピーカーはBluetoothバージョン5.1を搭載し、出力は50Wとなる予定です。電源はC型ポートの電源ケーブルを使用します。

結論から言うと、この「強磁性流体スピーカー」は、リスナーの究極の体験を変えるものだと言えるでしょう。視覚的な効果は、一般的なスピーカーのデザインを見るよりもはるかに優れていることは確かです。

価格帯は、Super early bird pledgersの場合、349ドル、679ドル(デュアル)程度となる予定です。市場流通の時期は2022年11月の予定です。Kickstarterキャンペーンでは449ドルと879ドル(デュアル)に移行する予定です。

読む  ゲーミングノートPC「Alienware Xシリーズ」発売。新しい冷却技術を搭載