A ‘Polite Iciness’: ロイヤルファミリーはメーガン・マークルを歓迎しないかもしれない

A Polite Iciness ロイヤルファミリーはメーガン・マークルを歓迎しないかもしれない001A7jj4u 1

ハリー王子は、亡き母、ダイアナ妃のための新たなセレモニーのために、9月に英国に戻り、妻のメーガン・マークルを連れてくるかもしれません。実現すれば、オプラ・ウィンフリーとの爆発的なインタビューの後、サセックス公爵夫人が英国の地を踏むのは初めてとなります。

しかし、彼女の暴露が王室に馴染まないという噂があるように、彼女は一部のファームメンバーから暖かく迎えられないかもしれません。マークルさん自身、ハリーの家族に対して数々の疑惑を抱いています。

王室専門家のDaniela Elser氏は、王室メンバーが彼女に和解のジェスチャーをすることはあり得ないと主張しています。

Express.co.ukによると、エルサー氏はNews.com.auに対し、マークルさんとケイト・ミドルトンさんが9月のダイアナ妃のイベントで再会する必要があったとしても、「礼儀正しい冷たさ」があるだけかもしれないと語っています。

思い起こせば、元俳優のエルザーは、シャーロット王女の花嫁介添人ドレスの試着中にミドルトンに泣かされたとオプラに語っていましたが、他の報道ではそうではないようです。

もし、サセックス家とケンブリッジ家が本当に再会することになれば、双方から様々な解釈が出てくるかもしれません。

もし、サセックス家とケンブリッジ家が再会したら、双方から様々な解釈が出てくるでしょうし、メディアもそれをネタにするでしょう。

2000年3月、英連邦記念日の礼拝で両家が一緒に写真を撮ったとき、二人の間には明らかに冷たさが感じられました。王室ゲームのプロとして知られるミドルトン自身も、世界中から注目されているにもかかわらず、ハリーとマークルに注意を払わないことで、ハリーとマークルを切り捨てました。

NZヘラルドは、ハリーが10週間後にイギリスを訪れ、母親の別の追悼イベントに立ち会う予定だと報じました。何人かの関係者は、マークルが彼に加わると主張していますが、その時にはリリベットはまだ3ヶ月しか経っていません。

複数の報道機関は、サセックス公爵が最後に母国を訪れた際、ハリーとウィリアム王子は「腹を割った」話をしなかったと伝えています。

7月2日にケンジントン宮殿のサンクンガーデンで行われた母親の銅像の除幕式では、二人の間に確執があると言われていましたが、それを一蹴したことは明らかです。

「今週、ウィリアムとハリーが母親の遺産を記念するという唯一の目的のために集まったにもかかわらず、ハリーは非常に外野にいるようです」とある関係者がデイリー・ミラー紙に語っています。彼らはショーを行い、当日が滞りなく進むようにすべきことをして、お別れをしました。

ハリーは現在、家族と一緒に過ごすためにアメリカに帰国しています。

YTUB_1

読む  PCでプレイヤーが楽しめる「バイオハザード」のベストモディファイ