AMPTPは、プロダクション・ワーカーの給与体系の改善に取り組んでいます。

AMPTPは、プロダクション・ワーカーの給与体系の改善に取り組んでいます。 ljcLbX 1 1

最新のニュースによると、数万人のプロダクション労働者を代表するハリウッドの労働組合が、ストリーミングサービスからの給与改善を強制するための労働保護などの協定を批准するかどうかを間もなく決定するそうです。先週の火曜日、IATSE(International Alliance of Theatrical Stage Employees)は、AMPTP(Alliance of Motion Picture and Television Producers)との間で、メンバーにストリーミングでより公平な取引を提供する 3年間の暫定的な「エリアスタンダード」合意に達したことを発表しました。

同組合の国際会長であるマシュー・ローブは、「私たちはすべての主要分野で利益を得ることができました。生活の質に関する問題は、私たちの優先事項の最上位にありました。我々が交渉した今回の協定と先に締結された協定では、保護的な条件が設定されており、スタジオとの間に初めて明確な週末を設けることができました。この2つの契約には、食事や休憩の提供を怠った場合の厳しい罰則が盛り込まれています。これらを総合すると、交渉の場で得られた改善は非常に重要であり、組合員の団結力に直接起因するものです」と述べています。

AMPTPは、プロダクション・ワーカーの給与体系の改善に取り組んでいます。 MTo8nfm2T 2 4

AMPTPは、Netflix、Apple、Amazon、Disney、Paramount、Warner Brosなど、ハリウッドの主要スタジオを代表しています。組合の広報担当者によると、弁護士がまだ協定の詳細を詰めており、最終案が組合員に確認されるまで「数日かかる」とのことです。その後、最終草案が組合員によって検討され、検討後すぐに投票が行われるとのことです。

今週合意された暫定協定は、テレビや映画の制作に携わるクルー、アーティスト、編集者、その他の裏方など、全米23の地方組合に所属する約2万人の労働者が対象となります。また、数日前には、IATSEに加盟する西海岸の13の地方組合が代表する4万人の労働者を対象とした「ベーシック」と「ビデオテープ」の個別契約について暫定的な合意がなされています。

この契約案では、最も低賃金の労働者の賃金が最大60%も改善される見込みです。スポークスマンによると、新しい契約に基づいて活動するすべての組合員は、今後3年間で少なくとも9%の賃上げが実現するとのことです。

読む  Flipkart: インドのオンライン小売大手が36億ドルの資金調達を実施