Apple、Mac用iMovieアプリをアップデート

Apple、Mac用iMovieアプリをアップデート Vw2LlN1 1 1

最新のニュースによると、AppleはMac用のiMovieアプリをアップデートしました。アップデートされたiMovieアプリでは、iPhone 13の新しい「シネマティック・モード」を使って撮影したビデオの編集やフォーカスの調整が可能になります。ただし、これには10月25日に予定されているMacOSのアップデートを待つ必要があります。

シネマティック・モードは、9月に発売された最新のiPhoneに搭載された機能です。この機能により、撮影中や撮影後の再生時に、携帯電話の画面をタップして焦点を調整することができます。

Apple、Mac用iMovieアプリをアップデート 0gtj2AJVl 2 4

注目すべきは、iMovieが新しいM1 ProおよびM1 Maxチップに最適化されていることです。iMovieは、現在Appleで最も強力なチップであるM1 ProおよびM1 Maxに最適化されています。M1 Pro は、オリジナルの M1 チップに比べて、CPU 性能が 70% 向上し、グラフィックス性能は 2 倍になりました。

iMovie 10.3のリリースノートには以下の記述があります。

Cinematicモード-iPhone 13で撮影したビデオをCinematicモードで編集(macOS Montereyが必要)-インスペクタのCinematicコントロールを使って深度効果の強さを変更-ビューアで顔やその他のオブジェクトを選択してフォーカスを選択-ビデオのタイムラインでフォーカスポイントを表示、削除

Appleのシリコンに最適化- 新しいMacBook ProのM1 ProおよびM1 Maxに最適化され、パフォーマンスと効率が向上しました。

読む  Apple Musicがロスレスと空間音声を導入 - インド