ASUS、台湾で「ROG 5s」とそのProバージョンを発売

ASUS、台湾で「ROG 5s」とそのProバージョンを発売 9oWJJe 1 1

最新のニュースによると、台湾のハイテク大手ASUSは、最新のフラグシップゲーミングスマートフォン「ASUS ROG Phone 5s」と「ASUS ROG Phone 5s Pro」を台湾で正式に発表しました。両モデルともに、リフレッシュレート144HzのFHD+ AMOLEDスクリーン、Qualcomm Snapdragon 888+チップセット、最大18GBのRAMを搭載しています。

この2つのスマートフォンは、今年の初めに登場したASUS ROG Phone 5シリーズの後継機種です。この2つのモデルは、リフレッシュレート144Hzの6.78インチフルHD+サムスンのE4 AMOLED HDRディスプレイを保持しています。このディスプレイは、最大300Hzのタッチサンプリングレートをサポートし、タッチレイテンシーは24.3msです。このプロセッサには最大18GBのRAMが搭載されており、最大ストレージは512GBとなっています。

デザインに関しては、ROG Phone 5sはROG Phone 5と同じデザインを採用しています。一方、ROG Phone 5s Proでは、ROG Vision Color PMOLEDディスプレイを採用しています。背面のROGロゴもRGBバックライトになっています。どちらの端末でも、ディスプレイはCorning Gorilla Glass Victusの保護材で守られています。

ASUS、台湾で「ROG 5s」とそのProバージョンを発売 KibJO 2 4

背面にはトリプルカメラが搭載されています。ソニーIMX686センサー、0.8μmのピクセルサイズ、F1.8の開口部を持つ64MPのリアカメラを搭載しています。また、13MPの125°ウルトラワイドカメラ(F2.4)と5MPのマクロセンサー(F2.0)が搭載されています。前面には、0.9μmのピクセルサイズでF2.0の開口部を持つ24MPのセルフィーカメラが搭載されています。

両端末ともに、最新のAndroid 11 OSとROG UIを搭載します。その他の機能としては、デュアルSIMサポート(nano + nano)、GameFX & Dirac HDサウンドを搭載したデュアル7マグネットリニア12x16mm前面スピーカー、OZOノイズリダクションテクノロジーを搭載したクアッドマイクロフォン、3.5mmオーディオジャック、ディスプレイ内指紋センサー、AirTrigger 5用超音波センサー、グリッププレス検出などがあります。

接続性に関しては、Bluetooth 5.2、GPS、GLONASS、Beidou、およびNFCをサポートしています。また、6,000 mAHのバッテリーを搭載し、USB Type-Cポートから65WのHyperChargeによる急速充電が可能です。

ASUS ROG Phone 5sの16GB+256GB版の価格は29,990台湾ドル(約1,077円)、18GB+512GB版の価格は33,990台湾ドル(約1221円)となっています。カラーはファントムブラックとオーロラホワイトの2色をご用意しました。一方、「ASUS ROG Phone 5s Pro」の価格は、18GB + 512GB版が37,990台湾ドル(~1,365ドル)で、カラーはファントムブラックのみです。このPro版には、AeroActive Cooler 5が同梱されています。

ASUS ROG Phone 5s」と「ASUS ROG Phone 5s Pro」は、8月24日に台湾で販売を開始します。

読む  Appleが発表したAR/VRヘッドセットは、処理をiPhoneやMacなどのAppleデバイスに頼らなければならないかもしれません。