Billie Eilishをキャンセル?歌手の昔のアジアン・モッキング・ビデオにファンが失望感を表明

Billie Eilishをキャンセル?歌手の昔のアジアン・モッキング・ビデオにファンが失望感を表明SqNQCrK 1

Billie Eilishは、アジア人を馬鹿にしたとされる彼女の過去の動画をTikTokユーザーが発掘したことで、世間の反感を買うことになりました。その映像では、19歳の歌手がアジア人のアクセントを真似しているようで、民族的なスラール c—k を使っています。

ユーザーの@lcxvyは、Eilishと彼女のアジア人をあざ笑う様子を撮影した一連のクリップを勇敢にも公開しています。

ユーザーの@lcxvyさんは、Eilishさんがアジア人を馬鹿にしている一連のクリップを勇敢にも共有しています。

これで「Ocean Eyes」のヒットメーカーはキャンセルになるのでしょうか?

このクリップは現在、数十万回再生されています。

このクリップは現在、数十万回再生されていますが、ハッシュタグの1つに見られるように、Elishをキャンセルするよう求めています。

また、この投稿には、Eilishの行動に失望したファンの数千ものコメントがすぐに集まりました。

しかし、Fox Newsによると、この投稿では、動画がいつ、どこに投稿されたのか、元々の文脈がわからないとのことです。

しかし、Fox Newsによると、この投稿には、動画がいつ、どこで投稿されたのか、元の文脈は何だったのか、ということが明記されていません。

ある人は、クリップが撮影されたとき、彼女はまだ14歳だったと言います。

ある人は、映像が撮られた時、彼女はまだ14歳だったと言い、またある人は、彼女のトゥレット症候群のせいだと言います。トゥレット症候群とは、「不随意の身体的および言語的チック」を引き起こす神経疾患です。思い起こせば、彼女は2018年に診断名を明らかにしましたが、それには言葉のチックは含まれていませんでした。

クリップの中で、Eilishは「c—k」という言葉を口にしたり、意味不明な話し方をしたりしていましたが、これはアジア訛りをあざ笑っているようにも見えます。また、@lcxvyは、弟のFinneasが彼女を「ブラコンで話している」と罵倒した動画も紹介しているとYahoo!Newsは指摘しています。

悲しいことに、これはEilishが直面しているいくつかのジャブの一つに過ぎません。彼女は、インスタグラムのある投稿のキャプションに「I love girls」と書いた後、クィアバイトとして非難されています。

また、過去に人種差別や同性愛嫌悪の言葉を発したことで話題になっているマシュー・タイラー・ヴォースと交際していることも批判されています。いずれにしても、現在はInstagram Storyへの投稿で謝罪を表明し、この問題に取り組んでいるとPeopleが報じています。

彼は、自分が使った攻撃的な言葉を謝罪し、それが 傷つき、無責任である ことを認めました。

この言葉がどれほど不快なものか理解しています と彼は言います。どのような文脈であれ、それらを使ってしまったことを恥じ、深くお詫びします。

そして、二度とこれらの言葉を使わないことを約束し、自分の行動に全責任を負いました。ヴォースはまた、自分が行うすべてのことに責任を持つことを誓いました。

ヴォースの謝罪は、エイリシュのファンが、ヴォースの昔のツイートやFacebookの投稿に、黒人や同性愛者に対する侮辱的な言葉が使われているとされるものを見つけたことから始まりました。また、2012年にはアデルのことを「ブリティッシュ・ミス・ピギー」と呼んでバカにしていたようです。

YTUB_1

読む  2021年のE3で「ベヨネッタ3」の公開を期待するセレッソファンの声