BOOM EsportsがYopajをミッドレーナーとして追加。

BOOM EsportsがYopajをミッドレーナーとして追加。 0e014mR 1 1

インドネシアのesports団体であるBOOM Esportsは、The International 10への参加に失敗した後、ロスターを一新しています。

TI10のラストチャンスとなった東南アジア予選で活躍した3名のメンバーが離脱したことを受け、BOOMの補強には元OB Esports x Neonのミッドレーナー、Erin Yopaj Ferrerが加わりました。BOOMの元ミッドレーナーであるRafli Mikoto RahmanはBOOMの一員として残り、インアクティブ・ロスターに移行しますが、次のMoon Studio大会では一時的にOB Neonでプレイします。

同じくOB Neonに所属するRolen skem Ongは、昨日発表されました。

これは、インドネシアの組織の採用戦略の著しい変化を意味します。

これは、インドネシアの組織の採用戦略が大きく変わったことを示しています。組織の歴史の中で初めて、優秀な同胞を仲間に加えることから脱却し、より広い東南アジアの地域に網をかけることになりました。Saieful Fbz Ilhamは、現在チームに残っている唯一のインドネシア人であり、TNCの中心的存在であるGabbiとTimsがBOOMに移籍するという噂が本当であれば、唯一のインドネシア人であり続ける可能性があります。

Yopajとskemは、OB Neonの優秀なメンバーの一人で、ONE Esports Singapore Majorでは、2人のスタンドインでプレーしたにもかかわらず、5位から6位と期待以上の成績を収めました。残念ながら、Dota Pro Circuit SEA Regional Leagueの第2シーズンでの成績が悪かったため、TI10への直接出場権を得るためのDPCポイントが足りませんでした。

BOOMの新体制はまだ完全ではありませんが、9月6日に開幕するOB Moon Asian Arenaシーズン1で、ファンの目に触れることになるでしょう。

読む  Dead by Daylight」開発者がプライド月間のコンテンツ、プランを発表