BTSは2022年の初めにすでに新しい記録を打ち立て、更新しています。

BTSは2022年の初めにすでに新しい記録を打ち立て、更新しています。D4QO46 1

新年はまだ始まったばかりですが、BTSはこんなにも早くから新記録を打ち立てています。2022年が始まると、ジン、スガ、J-HOPE、RM、ジミン、V、ジョングクが世界中の音楽チャートを席巻するなど、その勢いはとどまるところを知らない。

確かに、年明けの時期に新記録を作るのは無理かもしれませんが、これはBTSの話です。このグループは決して無意味に世界的な現象と呼ばれることはなく、彼らは継続的に国内外の音楽シーンを征服することが期待されている。

まずは、この7人組の2枚目のコンピレーション日本語アルバム BTS, The Best から見ていこう。このアルバムは、1月6日付のオリコン日本チャートで、K-POPアイドルグループのアルバムとしては初めて100万枚を突破している。2005年のBoA、2004年のQueenに続く記録であるとAllKpopは指摘している。

次は、グループの英語版メガヒット曲 Dynamite です。この曲は1月5日現在、Spotify Global Chartに500日連続でランクインしており、韓国とアジアのアーティストによる唯一の楽曲である。

現在も「Dynamite」は71位にランクインし、110万回以上のフィルタリング・ストリームを記録しています。これは、同チャートの歴史上、最も長く続いた韓国語の曲として、新たな偉業となりました。

また、BTSはSpotifyの月間リスナー数がなんと4,500万人を超え、新たなピークを迎えています。これまでのところ、彼らは韓国のアーティストであり、同アプリの月間リスナー数の最高峰を誇るK-POPアイドル・グループであり続けている。

実際、Juice WRLDとコラボした「Girl of My Dream」のリリース後、SugaだけでSpotifyの月間リスナー数は1110万人に達しています。また、August Dとしても知られ、音楽ストリーミングサイトで最も多くの月間リスナーを持つ韓国人アクトの第5位にとどまっている。

一方、Vは「クリスマス・ツリー」OSTで年明けを迎え、各地で新記録を樹立した。ホリデー・デジタル・ソング・セールス・チャート」で首位を獲得し、「ホリデー・ビルボード・チャート」でも55位でデビューし、韓国勢として史上初の記録を樹立した。

カナダのデジタルソングセールスでは、韓国人ソロアーティストとして最高位となる2位を記録した。また、カナダビルボードチャートでは、韓国人OSTとして初めて82位にチャートインした。イギリスでは、「クリスマスツリー」がユーロデジタルソングセールスチャートで1位を獲得し、韓国人ソリストの曲としては初めて首位に立った。

最後に、ジミンはKDOLで新曲をレコーディングした後、2022年の初めにいくつかの実績と記録を残しています。デイリーランキングの投票では1位を獲得し、同プラットフォームの週間・月間ランキングでも上位にランクインしています。

読む  ワン・パンチ・マン」第153章の発売日、ネタバレあり。ガロウはプラチナ精子に直面するかもしれない