BTSファンダム、AKMUメンバーのイ・スヒョンを「醜い」と侮辱したことで質問を受ける

1

韓国の兄弟デュオ、AKMUのイ・スヒョンは、10月13日(水)にNaverのプラットフォームであるV Liveでオンラインになった後、人生最大のサプライズを受けました。彼女は「こんにちは!」というタイトルのビデオを開始しましたが、数ヶ月間オフラインだったことに対する暖かい歓迎の代わりに、BTSファンからの批判を受けました。

スヒョンが最後にオンラインになったのは5月ですが、ライブストリームを始めたときに批判や侮辱を受けるとは思ってもいませんでした。BTSのファンであるARMYが、当時パク・ジミンの誕生日にライブをするのを待っていたため、彼らは彼女のライブセッションを終わらせるために彼女を急かし始め、侮辱の言葉まで投げかけたのです。

ネチズンたちは、ライブチャットにコメントを激しくスパムし始め、そのうちのいくつかは否定的なものでした。AllKpopによると、「ジミンのライブを待っていた」という人もいれば、「ジミンの誕生日に挨拶をし始めた」という人もいたそうです。

この2時間7分の間、BTSのファンは絶えず彼女をコメントで苦しめました。

2時間7分の間、BTSのファンは彼女にコメントを送り続け、中には一線を越えて彼女の容姿を批判し、「醜い」などと言う人もいました。

そこでスヒョンは、コメントを止めようと、両親と友人がテレビでストリームを見ていたと言いました。

そのため、スヒョンさんは、両親や友人がテレビを見ていることを伝え、傷ついているにもかかわらず、憎しみのこもったコメントに対応しました。

喧嘩をしないようにお願いしたり、蔑称ではなくカジュアルでフォーマルな表現を使ったりしました。

また、一線を越えないように、他のアーティストのことを言っても構わないとお願いしていましたが、彼女はそれを見過ごすことができました。

スヒョンの生放送が激しいものになったことで、Twitterではトレンド入りし、ネットユーザーの反応も様々だったとKpopStarzは伝えている。

BTSのファンの中には、K-POPスターを見下している人もいるようです。

22歳の歌手はそれでよかったのですが、彼女のファンは、彼女が公的な謝罪に値すると考えていました。

22歳の歌手は問題ありませんでしたが、ファンは彼女が謝罪すべきだと考えました。

思い起こせば2018年、スヒョンは自分のルックスに関するコメントを取り上げ、それについて多くの「悪い思い出」があることを明かしました。彼女は、他の人の美の基準を満たすのは難しいと認め、自分はそれらを満たしていないと信じていました。

スヒョンは自分の美の基準を持ち、それを人々に理解してもらおうと努力しました。スヒョンは、誰が何と言おうと、自分は美しいと確信していた。「

自分の美の基準を持ち、それを人々に理解してもらおうとした。

読む  東京リベンジャーズ」第221章の発売日、ネタバレあり。ドラーケンは武市、河原木に起きたことを受けて南寺野と対決するのか?