Call of Duty: World at War」のマップ「Dome」と「Castle」が「Vanguard」で復活

Call of Duty World at War」のマップ「Dome」と「Castle」が「Vanguard」で復活 wsmv1 1 1

コール オブ デューティ』のベテランプレイヤーは、『ワールド アット ウォー』の2つの名作マップ「Dome」と「Castle」を『ヴァンガード』で復活させて楽しむことができます。

Call of Duty: Vanguard」のマルチプレイヤーの発表では、今後の体験についての重要な情報がファンに伝えられました。プレイヤーは、ユニークな環境で敵と戦い、多様なキャラクターとしてプレイすることができます。また、必要に応じてマップの一部を破壊したり、武器を好きなだけカスタマイズしたりすることができます。

bViypnTWGMn0oprdZ NWdxj 2 4

Vanguardは20のマルチプレイヤーマップを搭載して出荷されますが、その中には古いプレイヤーにはおなじみの2つのマップが含まれています。コール オブ デューティ ワールド アット ウォー」に登場した2つのマップ「Dome」と「Castle」は、「Vanguard」でも登場します。しかし、「Vanguard」のスタイルやデザインに合わせて、若干の変更が加えられています。

QvxDIcjE1FFnRTxLdj 74ZNb 3 5

Castleの障子は破壊可能になり、オリジナルのマップにはない新しいレベルのゲームプレイが可能になりました。ドームを含むすべてのマップで同様の変更が期待できます。また、コール オブ デューティのウェブサイトによると、マップには、汚れ、土、磨耗、火傷の跡などの新しいグラフィックが追加され、マップのあらゆる部分に「命を与える」ことになります。

Dome」と「Castle」には、銃撃戦の際にリアルなホコリを空中に舞い上げる、新しいコンバットフォグ効果が含まれます。これらの変更により、オリジナルの体験を損なうことなく、2つのマップが素敵に生まれ変わります。

Call of Duty: Vanguard』は11月5日に発売されます。

読む  リーグプレイヤーがJhinで劇的なワンショットキルを達成